序文 – ASCO 2018

各位

医師、研究者として、がんの研究と治療にプレシジョン・メディシンがもたらす劇的な革新にか関与できることを幸運に思っています。プレシジョン・メディシンの成功は、一晩の成功のようにみえるかもしれませんが、実際には、世界各地の専門研究者による何十年もの熱心な仕事に基づく、深く考えられた戦略的アプローチです。肺がん分野では、標的療法や免疫療法で効果的に治療できる発がん遺伝子の同定につながり、過去10〜15年間、免疫療法は多くの患者の治療に中心的な役割を果たしています。
このような努力の積み重ねの結果、治療が変わりました。今日、進行性肺がんを呈する全患者のほぼ半分は、化学療法ではなく、経口分子標的薬または免疫療法による初回治療を受けることができます。実際に、肺がん患者一部はチェックポイント阻害薬によって治癒すると私は前向きにみています。患者数の多い進行した固形腫瘍に対して根治が可能な治療薬を開発することは、オンコロジー領域に望まれた夢のような目標でした。それが今、少なくとも一部の患者にとっては、目の前の現実になろうとしています。
2018年米国臨床腫瘍学会(ASCO)で発表された肺がん治療の分野における成果を要約した本号では、免疫療法アプローチにかなりの重点を置いています。併用療法は現在、小細胞肺がんにもあてはまりますが、治療効果の向上のために大規模に研究されています。もう1つ重要な研究分野に、免疫療法による治療成功の決定要因があります。とはいえ、分子標的治療は未だ重要な役割を演じており、それは学会で提示された厖大なデータにも反映されています。その結果の一部は、本号のEGFRおよびALK治療に関する記事にて概説されています。
一方、プレシジョン・メディシンの範囲を広げるためには、依然として継続的な努力が必要です。プレシジョン・メディシンは、延命だけでなくQOLを含めた患者さんの生活の向上を目指しています。研究者として、私たちは絶えず奏効率と生存曲線に晒されていますが、究極の課題は延長された患者さんの余生に薬剤が負担にならないようにすることです。がん研究とがん治療に重要なこの時期に、患者の腫瘍の特徴を詳しく調べ、最も効果的な薬剤で治療し、薬剤の有効性向上のために安定した研究基盤を支援する必要があります。

Bruce E. Johnson, MD 美国临床肿瘤学会主席 美国马萨诸塞州波士顿丹娜-法伯癌症 研究所首席临床研究官 ASCO转化研究教授
© authors own

ブルース・ジョンソン(MD
米国臨床腫瘍学会(ASCO)会長
Chief Clinical Research Officer, Dana-Farber Cancer Institute, Boston, MA, USA
ASCO Translational Research Professor

 

 

 

 

© 2018 Springer-Verlag GmbH, Impressum