序文 – ESMO 2017

© authors own David R. Gandara, MD Professor of Medicine UC Davis Comprehensive Cancer Center Sacramento, California, USA
© authors own

親愛なる皆さん、

2017年9月8日~12日にスペイン・マドリードで開催された今年のESMO学会で、治療法を変える可能性のある肺癌分野での注目に値するデータが発表された。臨床研究者は免疫治療薬の最適使用量を決定する多数の条件と制限を休むことなく調査しているため、免疫治療薬アプローチが再び大きな話題となった。
本号のメモ イン・オンコロジーでは、PD-L1の発現に関わらずPD-L1阻害薬アテゾリズマブの活性を確認し、患者の血液中の腫瘍変異負荷量の評価が実現可能で、治療の利点と相関することを示したOAKとPOPLARの臨床試験の分析を詳しく説明する。PD-L1阻害薬デュルバルマブはステージIIIの肺癌患者でのPACIFIC試験で優れた結果を示し、したがって顕著な満たされていないニーズに対する回答を提供する。さらなる分析は高齢者でのPD-1阻害薬ニボルマブの活性と、ニボルマブを用いた最適治療期間に関したものだった。
同様に、Toll様受容体9作動薬による免疫刺激は、進展型小細胞肺癌患者に有望なアプローチである。免疫治療薬の使用に適している別の兆候は悪性中皮腫だと思われる。この疾患は予後不良になることが知られている。2017年ESMO学会で発表されたいくつかの分析では、悪性胸膜中皮腫患者でのさまざまな免疫治療薬の臨床的に重要な利点を提言した。
標的療法の分野では、直接比較によって、確立した第一選択化合物を上回る強力な最近開発された薬剤の優位性を示したため、薬剤の優先順位付けに関する討論が勢いを増している。このことは、EGFR-変異肺癌でのゲフィチニブとエルロチニブを凌ぐEGFRチロシンキナーゼ阻害剤オシメルチニブにとって真実であるほか、ALK-陽性条件でのクリゾチニブと比較した時に無進行生存率と中枢神経系転帰の改善を生じさせるALK阻害剤にとっても真実である。最大の生存利益の達成に欠かせない、複数次の治療全体にわたる薬剤の最適な継承を決定する必要がまだある。
最後になるが、BRAFなどの希少ドライバー変異のある患者について調査中の標的アプローチに関して進展を見せた。併用で投与した場合、BRAF阻害剤ダブラフェニブとMEK阻害剤トラメチニブはBRAF-陽性肺癌患者での第一選択戦略として相当な抗腫瘍活性を示した。

David R. Gandara, MD
医学部教授
UC デイビス・コンプリヘンシブ・キャンサー・センター
米国カルフォルニア州サクラメント

 

© 2017 Springer-Verlag GmbH, Impressum