形質転換に起因するSCLCの特性および転帰

GFR TKI療法に対する耐性の取得時にEGFR-変異腺癌の少ないが有意な割合がSCLCに形質転換する[1]。さらに、EGFR 変異を隠すデノボ SCLCの例が報告されている[2]。SCLC-形質転換EGFR-変異肺癌の臨床的特徴と臨床経過はほとんど不明であるため、Marcoux等は2006年~2017年に治療を受けたEGFR-変異SCLC患者16人の記録を遡及的に再検討した[3]。この分析によると、腫瘍はその創始者EGFR変異を維持し、T790M.とは相互排他的であった。このことは、以前にT790M陽性であった症例にも当てはまった。デノボSCLCと同様に、EGFR-変異SCLC-形質転換腫瘍はTP53、RB1およびPIK3CAの変異を高い頻度で隠した。
形質転換後の初回療法の全コホートのPFS中央値は3.3ヶ月であった。プラチナ-エトポシドがSCLS診断直後の最も一般的な治療法として使用された。プラチナベースの化学療法に対して奏効が高い頻度で見られたが、一過性であった。検討されたすべての形質転換後の治療のうち、プラチナベースの治療法の初回使用では72%の臨床奏効率と4.6ヶ月のPFS中央値を示した。免疫チェックポイント阻害剤治療を受けた5人の患者には奏効は見られなかった。
転移性肺癌の初期診断からのOS中央値は38ヶ月で、SCLS形質転換を経験していない患者での予想OSに類似している。SCLC形質転換以降、OS中央値は8.8ヶ月であって、デノボ SCLC患者で見られた値と類似している。この群の患者向けに最適な診断方法および治療方法を上手く解明するために、さらなる調査が求められている。

 

参考文献

  1. Sequist LV et al., Genotyping and histological evolution of lung cancers acquiring resistance to EGFR inhibitors.Sci Transl Med 2011; 3(75): 75ra26
  2. Okamoto I et al., EGFR mutation in gefitinib-responsive small-cell lung cancer.Ann Oncol 2006; 17(6): 1028-1029
  3. Marcoux N et al., Clinical outcomes for EGFR-mutant adenocarcinomas that transform to small cell lung cancer.ESMO 2017, abstract 1531PD