早期NSCLCの切除後のCTベースの経過観察に関する無作為化所見

早期NSCLCの手術後の最適な経過観察に関して、ESMOガイドラインでは、病歴、身体検査、そしてできれば12ヶ月時と24ヶ月時の造影スパイラル胸部CTを含む通院により、2~3年間、6ヶ月毎に患者観察を実施することを推奨した[1]。その後、二次原発腫瘍(SPC)を発見するために病歴、身体検査、胸部CTを含み年1回の通院を実施する必要があった。しかし、これらの勧告は無作為化臨床試験に基づいたものではなく、そのため、軽度から中等度の証拠だけがある。
IFCT-0302多施設フェーズIII臨床試験は、NSCLC手術後の経過観察に関する最初の大規模無作為化研究であり、胸部CTの利益を評価する最初の無作為化臨床試験だった[2]。病歴と身体検査、胸部X線と、症状または胸部X線に異常がある場合にだけCTスキャンによる通院から構成される最小限の経過観察(Min)を最大限の経過観察(Max)と比較した。Maxには、病歴と身体検査のほか、胸部X線だけでなく、胸部と上腹部の造影CTスキャンも含んだ。扁平上皮および大細胞癌には、気管支鏡検査ファイバスコープが必須だった。
両方の群で、患者は2年間、6ヶ月毎の経過観察、その後の年1回の通院を完了した。解剖学的完全切除後8週間以内に臨床病期I、II、IIIA、およびT4のN0-2 NSCLC患者合計1,775人を登録した。全生存期間が主要評価項目として定義された。
8年10ヶ月の経過観察中央値の後、OSは2つの群の間で有意に違わなかった(MaxとMinでそれぞれ、123.6ヶ月と99.7ヶ月; HR, 0.94; p = 0.37)。8年時点で患者の54.6 %対51.7 %が生存していた。Maxコホートで無病生存期間が短い傾向があった(59.2ヶ月対未達成;
p = 0.07)、これはCTスキャンによる再発およびSPCの早期発見を反映している。予備解析によると、CTベースの観察では、24ヶ月時点で再発またはSPCのない患者でOSを有意に改善した一方で、24ヶ月時点で再発またはSPCを経験している患者は両方の観察方法で同じOS中央値を達成した。
6ヶ月毎のCTスキャンは術後の最初の2年間は恐らく価値がないが、年1回の胸部スキャンは長期的には有益かもしれないと著者は結論付けた。治療処置に適している可能性があるSPCのリスクが高い患者は長期的利益を経験することができる。

 

参考文献

  1. Vansteenkiste J et al., 2nd ESMO Consensus Conference on Lung Cancer. early stage non-small cell lung cancer consensus on diagnosis, treatment and follow-up.Ann Oncol 2014; 25(8): 1462-74
  2. Westeel V et al., Results of the phase III IFCT-0302 trial assessing minimal versus CT-scan-based follow-up for completely resected non-small cell lung cancer (NSCLC) NCT001983431.ESMO 2017, abstract 1273O

 

© 2017 Springer-Verlag GmbH, Impressum