巻頭言

D. Ross Camidge, MD, PhD Director of Thoracic Oncology, University of Colorado, Aurora, Colorado, USA National Medical Director of the Academic Thoracic Oncology Medical Investigators Consortium (ATOMIC)

D. Ross Camidge(MD, PhD)
米国コロラド州オーロラ市
コロラド大学
胸部腫瘍内科長
Academic Thoracic Oncology Medical Investigators Consortium (ATOMIC) 全国医事担当部長

臨床医の皆様へ

本年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の大流行によって、この世界最大のがん学会への現地参加は阻まれたものの、それぞれの専門領域の進展に対する専門家の強い関心に変化はありません。去る5月29日金曜日から5月31日日曜日まで3日間にわたってインターネット経由で開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO)バーチャル科学会議には、約4万人のがん治療の専門家が参加しました。今回のプログラムでは、5,300近くのアブストラクト公開のほか、2,300を超える演題の口頭発表およびポスター発表があり、オープニングおよびプレナリーセッション、特定のがんに関するハイライトセッション、臨床がんシンポジウムなど、オンデマンド配信とライブ配信で100以上のセッションが開催されました。また、6月4日までにコンテンツの閲覧数は250万回を超えました。世界のオンコロジーコミュニティは難局に際して見事に立ち上がったと言えます。
肺がんの分野では重要な、診療を変える可能性のあるさまざまな結果が発表されました。現在、早期がんの術前または術後のいずれでも免疫療法や標的治療薬による治療戦略が検討されていますが、アプローチとして何が変革的であり、何が変革的ではないかを判断するにはいくつか難題があります。また、さまざまな臨床設定で放射線療法との併用が引き続き検討されています。さらに、肺がん研究の重要な目的のひとつが、まれな発がん性ドライバー遺伝子変異陽性の患者に対する治療です。EGFR 遺伝子エクソン20挿入変異のほか、ALK、MET、HER2、RETをはじめとするさまざまな遺伝子変異に関して大きな進歩がありました。いずれの変異も患者の数パーセントにしかみられないものですが、治療では優れた標的となります。本号の大部分は、MET 遺伝子変異とこの変異を正確に狙って対処するために開発された薬剤に関するものです。MET 遺伝子変異は多様であるため、ここでは分子レベルの理解が重要な役割を果たします。また、EGFR 遺伝子エクソン20挿入変異を標的とすることが可能な薬剤に関する試験結果から、EGFR 遺伝子変異陽性肺がんのなかでも治療が困難なこのサブタイプに対して、希望を見い出すことができます。
今大会で発表された臨床試験や試験の最新情報から、免疫チェックポイント阻害薬の重要性が引き続き確認されるものの、次の難題は、どの免疫療法薬の併用に明らかな効果があるのかと、その各薬剤による効果が最も高いであろう患者または腫瘍の特徴を判断することにあります。当然ながら、本年の胸部がん治療に関連した新型コロナウイルス感染症の流行についても発表がありました。TERAVOLTから得られた結果が、致死的な新型コロナウイルス感染症にかかる危険がある肺がん患者の特定に役立つ一方、データ収集は継続されていますので、今後解析を重ねることによってこの領域の知見が広がることでしょう。全体として、本号ではデータとともに各著者の結論をを掲載しています。各データとその結論をご自身でぜひ検討してみてください。

More posts

抗血管新生療法の現状と今後の展望

抗血管新生療法の現状と今後の展望 経口トリプルアンジオキナーゼ阻害薬のニンテダニブは、化学療法による一次治療後の進行肺腺がんに対するドセタキセルとの併用療法と

Load More Posts