Loading...
ELCC congresses2020-08-10T14:52:35+01:00

ELCC 2019 – Geneva

Preface – ELCC 2019

Preface – ELCC 2019 Pilar Garrido, MD, PhD Head of the Thoracic Tumor Section, Medical Oncology Department, Hospital Universitario Ramón y Cajal, Madrid, Spain

Encouraging findings in NTRK-, ROS1– and ALK-positive lung cancer

Encouraging findings in NTRK-, ROS1– and ALK-positive lung cancer TRK inhibition: larotrectinib Neutrotrophic receptor tyrosine kinase (NTRK) gene fusions occur in a wide array of different cancers including rare entities such as infantile fibrosarcoma, but also in common tumors including melanoma, colon cancer, and lung cancer [1].

Extensive-disease small-cell tumors: signals of activity

Extensive-disease small-cell tumors: signals of activity CheckMate 451: immuno­therapeutic maintenance Most of the patients with small-cell lung cancer (SCLC) are diagnosed in the extensive-disease stage (ED-SCLC). They generally respond well to first-line platinum-based chemotherapy; however, responses are not durable, and prognosis is poor [1, 2].

Anti-angiogenic combinations excel in later lines

Anti-angiogenic combinations excel in later lines VARGADO: nintedanib after immunotherapy The ongoing, prospective, non-interventional VARGADO study is assessing the angiokinase inhibitor nintedanib plus docetaxel in patients with advanced adenocarcinoma of the lung after first-line chemotherapy in routine clinical practice.

Interview: “We need chemotherapy when rapid responses are required”

Interview: “We need chemotherapy when rapid responses are required” Anne-Marie C. Dingemans, MD, PhD, Department of Pulmonology, Maastricht University Medical Center, Maastricht, Netherlands (© Appie Derks) Interview: Anne-Marie C. Dingemans, MD, PhD, Department of Pulmonology, Maastricht University Medical Center, Maastricht, Netherlands As the relative importance of chemotherapy in NSCLC management is changing, how can chemotherapeutic agents contribute to increasing efficacy in th

Current perspectives in EGFR-targeted therapy

Current perspectives in EGFR-targeted therapy Global phase IIIb study assessing afatinib The second-generation, irreversible ErbB family blocker afatinib has been established as a first-line standard option in patients with EGFR-mutant NSCLC based on the phase III LUX-Lung 3 and 6 trials that revealed significant progression-free survival (PFS) and objective response rate (ORR) improvement compared to platinum-doublet chemotherapy [1, 2].

Immunotherapy: analyses elucidating durvalumab & pembrolizumab activity

Immunotherapy: analyses elucidating durvalumab & pembrolizumab activity PACIFIC: OS after subsequent immunotherapies The phase III, randomized, double-blind, international PACIFIC trial established durvalumab in the treatment of patients with stage III, unresectable NSCLC without progression after defini­tive platinum-based concurrent chemo­radiotherapy.

序言

序言 亲爱的同事们, 一年一度的欧洲肺癌大会已成为全球性会议,吸引了世界各地肺癌领域专家的参与。本年度会议于4月10日至13日在日内瓦召开,超过120位发言人在会上与来自75个国家的约1,600名代表分享了他们的知识经验。此次综合性大会包括各种类型的会议并推介了210篇摘要,旨在传达范围广泛的现有知识,从筛查和非常早期的疾病到针对不同类型胸部肿瘤的当前和未来潜在治疗方法。在患者管理需要多种治疗策略并因此需要各领域专家共同努力的条件下,需要进行学科交叉。为大会召开做出贡献的各个胸部肿瘤学协会正反映了这一情况。欧洲肿瘤内科学会(ESMO)和国际肺癌研究协会(IASLC)组织了本次会议,并且得到了欧洲放射治疗与肿瘤学会(ESTRO)、欧洲胸外科医师协会(ESTS)和欧洲胸部肿瘤平台(ETOP)的协助。 本出版物总结了在2019年ELCC大会上针对肺部非小细胞肿瘤和小细胞肿瘤的靶向治疗和免疫疗法领域介绍的一系列摘要的精选。鉴于有效疗法的可用性,新靶标的重要性突显。此外,已经确立的靶向制剂显示出即使在预先治疗的条件下也可使具有罕见致癌基因驱动的肿瘤得到临床显著程度的改善。ROS1重排肺癌

对于EGFR靶向治疗的当前观点

对于EGFR靶向治疗的当前观点 评估阿法替尼(afatinib)的全球IIIb期研究 基于III期LUX-Lung 3和6试验,第二代不可逆ErbB家族阻断剂阿法替尼已被确定为EGFR突变NSCLC患者的一线标准选择,该试验显示出与铂双药化疗相比显著的无进展生存期(PFS)和客观缓解率(ORR)改善[1,2]。此外,IIb期LUX-Lung 7研究显示,与第一代EGFR酪氨酸激酶抑制剂(TKI)吉非替尼(gefitinib)相比,阿法替尼在PFS、ORR和至治疗失败时间方面有显著获益[3]。在欧洲、以色列和澳大利亚进行的开放标签多中心IIIb期试验目前正在现实条件下评估40 mg/天阿法替尼直至疾病进展。可基于个体耐受性进行至30 mg/天或20 mg/天的两种剂量减少。允许无症状的脑转移。 在2019年ELCC大会上介绍的中期分析共纳入479名患者[4]。在这些患者中,17 %有脑转移,18 %有罕见EGFR突变,其中外显子20插入代表最常见的类型,并且分别有57 %和8 %的ECOG 表现状态为1和2。分别有78 %和17 %接受阿法替尼作为一线和二线治疗。因此,该人群反映

免疫疗法:分析阐明度伐鲁单抗和派姆单抗活性

免疫疗法:分析阐明度伐鲁单抗和派姆单抗活性 PACIFIC:后续免疫疗法后的OS III期随机化双盲国际PACIFIC试验在根治性铂类同步放化疗后未经历进展的III期无法切除NSCLC患者中确立了度伐鲁单抗治疗。在放化疗后6周内, 将患者随机分配为每2周(Q2W) 10 mg/kg 度伐鲁单抗达最多12个月 (n = 476)或匹配安慰剂(n = 237)。 PFS和OS被定义为主要终点。度伐鲁单抗对这两种结果提供了前所未有的临床改善。在初步分析时,实验组尚未达到中位OS,对照组为28.7个月(HR,0.68;p = 0.0025)[1, 2]。尽管治疗持续时间有限,但生存曲线在早期分离并予以保持,这表明PD-L1抑制剂具有长期获益。 Ouwens等人探索了后续免疫疗法是否会影响PACIFIC试验中的OS发现这一问题[3]。在度伐鲁单抗和安慰剂组中,分别有8 %和22 %的患者在研究治疗中止后接受免疫疗法。分别有33 %和32 %的患者给予其他抗癌治疗。分别有59 %和46 %的患者不给予后续治疗。使用秩保持结构失效时间模型(RPSFTM)来调整PACFIC中后续免疫疗法的OS

NTRK-、ROS1-和ALK-阳性肺癌中令人鼓舞的发现

NTRK-、ROS1-和ALK-阳性肺癌中令人鼓舞的发现 TRK抑制:拉罗替尼(larotrectinib) 神经营养受体酪氨酸激酶(NTRK)基因融合发生在包括诸如婴儿纤维肉瘤等罕见肿瘤的多种不同的癌症中,但也存在于包括黑素瘤、结肠癌和肺癌在内的常见肿瘤中 [1]。它们在肺癌中的发病率估计为0.2 %至3.3 %[1,2]。高选择性的口服CNS活性TRK抑制剂拉罗替尼已被美国食品药品监督管理局批准用于治疗患有显示NTRK融合的实体瘤的成人和儿童患者。Drilon等人介绍了来自11名TRK融合阳性肺癌患者的汇总数据,这些患者在针对晚期实体肿瘤进行的I期研究和II期篮子试验中接受了拉罗替尼[3]。5名患者先前接受过1种或2种全身治疗,5名患者曾经接受过3种或更多种治疗。治疗包括连续100 mg每日两次拉罗替尼。 事实上,该分析证明了拉罗替尼在携带TRK融合的晚期肺癌中的活性。7名患者(71 %)发生缓解,其中分别有1名和4名患者经历完全缓解(CR)和部分缓解(PR)。在2例病例中发生了疾病稳定。没有患者发生原发性疾病进展。在分析时尚未达到缓解的中位持续时间。此外,拉罗替尼显示颅内

提高肺癌筛查的准确性

提高肺癌筛查的准确性 Nir Peled, MD PhD, 以色列贝尔谢巴遗产肿瘤学中心和拉里·诺顿博士研究所,索罗卡医疗中心和本·古里安大学 哪些用于肺癌早期检测的生物标志物可能在未来发挥作用? 毫无疑问,戒烟是初级预防的目标,但是一旦发现患者吸烟或曾经吸烟,应尽可能进行早期检测。目前经验证的用于此目的的平台之一是低剂量计算机断层扫描。然而,我们的目标是在该平台之外添加分子生物标志物以提高特异性甚至灵敏度。存在来自不同身体隔室的一系列大有前景的生物标志物。 我们最近发表了一篇综述,涵盖了所有类型的生物标志物,包括微RNA、循环肿瘤DNA、血液蛋白质谱以及呼出气体生物标记物[1]。患者可以向设备中呼气,甚至通过电话交谈,而此时可以基于化学反应来检测挥发性化合物。这样产生的信号可警告患者有可能存在癌症并提示进行临床评估。 然而,目前,我们的几个平台主要基于从血液获得的标志物来工作,诸如包括蛋白质和循环DNA在内的肿瘤生物标志物的组合。最近,研究表明,将肿瘤DNA和蛋白质生物标志物组合产生非常高的灵敏度,能够支持这些工作[2]。 如何使肺癌早期检测即便在贫困国家也能实施? 低剂量

广泛期小细胞肿瘤:活性信号

广泛期小细胞肿瘤:活性信号 CheckMate 451:免疫疗法维持 大多数小细胞肺癌(SCLC)患者在广泛期(ED-SCLC)得以诊断。它们通常对一线铂类化疗反应良好;然而,反应并不持久,且预后较差[1, 2]。在二线及以后,NCCN指南建议患者参与临床试验,取决于患者的表现状态和无复发间隔持续时间的全身治疗,或姑息症状管理[1]。 目前没有可用的维持治疗来延长一线化疗获得的效果。CheckMate 451试验设计用于评估这种条件下的免疫疗法[3]。在4个周期的铂类一线化疗后经历CR、PR或SD形式持续缓解的共834名ED-SCLC患者随机分配为给予纳武单抗(nivolumab)加易普利姆玛(ipilimumab)(n = 279)、纳武单抗240 mg Q2W(n = 280)或安慰剂 (n = 275)。在组合组中,纳武单抗以基于体重的方式(1 mg/kg Q3W)与易普利姆玛3 mg/kg Q3W一起给予最多4个剂量,然后给予纳武单抗 240 mg Q2W。治疗持续至进展或不可接受的毒性,但最多2年。 CheckMate 451未能显示纳武单抗加易普利姆玛与安慰剂相比的

“当需要快速缓解时,化疗必不可少”

“当需要快速缓解时,化疗必不可少” Anne-Marie C. Dingemans, MD, PhD, 荷兰马斯特里赫特,马斯特里赫特大学医学中心肺病学部 由于化疗在NSCLC管理中的相对重要性正在发生变化,化疗药物如何在新疗法的背景下帮助提高疗效? 在过去几年中,由于引入了诸如靶向药物等新药物和免疫疗法,肺癌患者的治疗得到了极大改善。然而,所有数据都显示这些治疗并不适用于所有患者。因此,我们仍然需要化疗。例如,在多线治疗后发生多重耐药时,化疗对于诱导具有驱动突变患者的全身反应可能必不可少。我们还观察到,在免疫疗法领域,这些患者中有一部分根本不出现缓解或者没有迅速缓解。对于低PD-L1表达的患者或者具有高疾病负荷,特别是高症状负荷因而需要快速缓解的患者,化疗可能非常有用。 从长远来看,化疗是否会被完全取代? 不,我不这么认为。我们需要化疗,与放疗一起使用,并且由于患者原因而需要快速缓解时,化疗必不可少。人们总是说免疫疗法的副作用较小。事实上,对于3/4级不良事件从数字角度而言是没错。然而,在化疗的情况下,3/4级毒性主要是中性粒细胞减少症,其负荷对于患者并不特别严重。此外,这

抗血管生成组合在后线中表现优异

抗血管生成组合在后线中表现优异 VARGADO:免疫疗法后的尼达尼布(nintedanib) 正在进行的前瞻性非干预性VARGADO研究在常规临床实践中评估血管激酶抑制剂尼达尼布加多西他赛在一线化疗后晚期肺腺癌患者中的作用。VARGADO在德国的约100个地点进行,包括3个队列。队列A分别在一线和二线条件下接受化疗和尼达尼布加多西他赛;对于队列B,免疫检查点抑制(ICI)构成化疗后的二线治疗,然后接受尼达尼布组合;在队列C中,在一线给予化疗加ICI治疗,并且在二线给予尼达尼布加多西他赛(图1)。 在2019年ELCC大会上,Grohé等人介绍了队列B中包括的22名患者的初步分析[1]。结果支持了尼达尼布加多西他赛在ICI治疗后发生进展患者中的临床获益和可控的安全性特征。12名缓解的患者中有10名达到疾病控制(83 %),其中7名发生PR(58 %), 3名发生SD(25 %)。观察到的尼达尼布加多西他赛的临床获益对于缓解和中位PFS(5.5个月)而言是一致的。此外,安全性特征与尼达尼布组合的已知特征相匹配。药物相关治疗急性AE主要包括口炎、白细胞计数减少和恶心。 图1: 非干

巻頭言

巻頭言 Pilar Garrido, MD, PhD スペイン・マドリッド Hospital Universitario Ramón y Cajal 腫瘍内科・胸部腫瘍医長 臨床医の皆様へ 欧州肺癌学会議は、肺がんに治療に携わる、世界各国の専門医の注目を集める世界会議となっています。4月10日から13日までジュネーブで行われた本年度の会議には、75か国から参加したおよそ1600名の専門家を前に120名を超える発表者がこれまでに得た知見を発表しました。今回の総合プログラムには多岐にわたるセッションのほか、肺がん検診や非常に早期の肺がんから、各タイプの肺がんに対する現行の治療アプローチや今後の治療アプローチに至るまで、広い視野で捉えたこれらの知見を伝えるべくまとめた210のアブストラクトの発表がありました。がん患者の管理に異なる治療法が必要になり、複数の専門領域の協働が求められる場面では、集学的アプローチが必要です。本会議に胸部腫瘍のさまざまな学会がご協力くださったことに、この点が反映されているように思います。欧州臨床腫瘍学会(ESMO)および国際肺癌学会(IASLC)が、欧州放

EGFR阻害薬への現在の評価

EGFR阻害薬への現在の評価 アファチニブを評価する国際共同第Ⅲb相試験 第二世代の不可逆的ErbBファミリー阻害薬であるアファチニブが、EGFR遺伝子変異陽性NSCLC患者へのファーストライン治療の標準薬になりうることが証明された。その根拠となったのは、LUX-Lung3および6の第Ⅲ相試験で見られた、プラチナダブレット療法に対する無増悪生存期間(PFS)と無増悪生存率(ORR)の顕著な改善である[1、2]。また、LUX-Lung7の第Ⅱb試験では、第一世代のEGFRチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)ゲフィチニブに比べて、アファチニブにPFS、ORR、アファチニブ、治療成功期間に有意な結果が見られた[3]。ヨーロッパ・イスラエル・オーストラリアで実施中の多施設共同非盲検試験の第Ⅲb相試験では、実臨床の環境で病勢が進行するまでアファチニブ40 mg/日を投与して評価をしている。個々の患者への忍容性を考慮して、30 mg/日または20 mg/日のどちらかに減量できるようになっている。また、症状のない脳転移患者も対象とした。 本会議で発表のあった中間解析結果の対象患者は合計で479人

免疫療法:デュルバルマブおよびペムブロリズマブの作用が分析により明らかに

免疫療法:デュルバルマブおよびペムブロリズマブの作用が分析により明らかに PACIFIC試験:治療後に実施した免疫療法のOSへの影響 切除不能なⅢ期のNSCLC患者で、プラチナ製剤ベースの根治的放射線化学療法を受けた後に無増悪の状態が持続している患者にはデュルバルマブ療法を行うことが、国際共同第Ⅲ相ランダム化二重盲検プラセボ対照試験であるPACIFIC試験で確立した。放射線化学療法の実施から6週間以内に、患者をデュルバルマブ10 mg/kgを隔週(Q2W)で最長12か月間投与する群(n=476)もしくは、プラセボを投与する群(n=237)にランダムに割り付けた。このときの主要評価項目はPFSとOSである。デュルバルマブが、PFSとOSにこれまでにない臨床的改善をもたらした。一次解析の時点では、デュルバルマブ群のOSの中央値はまだ判明していなかったが、プラセボ群のその中央値は28.7か月だった(HR:0.68、 p=0.0025)[1、2]。両群の生存曲線は初期段階で分かれた状態がその後も続き、抗PD-L1抗体薬としての効果が長きにわたって持続したことがうかがえる。 同試験で治療

NTRK、ROS1、ALKの融合遺伝子陽性肺がんへの良好な成績が 判明

NTRK、ROS1、ALKの融合遺伝子陽性肺がんへの良好な成績が 判明 TRK阻害薬のラトロレクチニブ 神経栄養因子チロシンキナーゼ受容体(NTRK)融合遺伝子は、乳児型線維肉腫のようなまれながんだけではなく、悪性黒色腫や大腸がん、肺がんといった一般的ながんも含め、多種多様ながんに発現している[1]。肺がんでの発現率は0.2~3.3%と推測されている[1、2]。非常に選択性の高い、中枢神経系活性型の経口TRK阻害薬のラロトレクチニブは、成人および小児のNTRK融合遺伝子陽性の固形がんに対する治療薬として米食品医薬品局がすでに承認している。進行性の固形がん患者を対象にした第Ⅰ相試験および第Ⅱ相バスケット試験で、ラロトレクチニブの投与を受けたTRK融合遺伝子陽性肺がん患者11人の統合データを、Drilonらが発表した[3]。このうちの5人がこれまでに1種類または2種類の全身療法を受けており、別の5人は3種類以上の療法を受けていた。治療内容はラロトレクチニブ100 mgを1日2回に連日投与することである。 TRK融合遺伝子陽性進行肺が んへのラロトレクチニブの有効性が、 確かに解析結

肺がん検診の精度を高める

肺がん検診の精度を高める Nir Peled, MD PhD, The Legacy Heritage Oncology Center & Dr. Larry Norton Institute, Soroka Medical Center & Ben-Gurion University(イスラエル・ベエルシェバ) 将来的にはどのバイオマーカーが、肺がんの早期発見に寄与するとお思いになりますか? 一次予防ということではまず禁煙が目標ですが、患者さんが喫煙者や元喫煙者ということであれば、できる限り早期発見に努める必要があります。肺がんの早期発見に役立つということが現在分かっているのは低線量CTですが、この検査の特異度はもとより感度も改善させるために、分子バイオマーカーを加えることを目標にしています。体の部位ごとに幅広いタイプの有望なバイオマーカーがあります。マイクロRNAや血中循環腫瘍DNA、血中タンパク質のプロファイリングイリングや呼気バイオマーカーといった、すべてのタイプのバイオマーカーを網羅したレビューを最近発表しました[1]。患者さんがデバイスに向かって息

進展型小細胞肺がん:免疫療法の効果のシグナル

進展型小細胞肺がん:免疫療法の効果のシグナル CheckMate 451試験:維持療法としての免疫療法 小細胞肺がん(SCLC)患者の大部分は進展型の段階で(ED-SCLC)診断を受けている。通常はファーストライン治療のプラチナ製剤ベースの化学療法に良く反応するが、その効果はしっかりとしておらず、予後も良好とはいえない[1、2]。NCCNガイドラインはセカンドライン以降の治療に、治験への参加、パフォーマンスステータスと無再発生存期間にもよるが全身療法、緩和療法を推奨している[1]。 今のところファーストライン治療の化学療法の効果を持続させるような維持療法はない。CheckMate 451試験は、そういった状況下での免疫療法を評価するようデザインした臨床試験である [3]。ファーストライン治療の化学療法を4コース受けた後、CR、PR、SDのいずれかの判定を受けてその状態が続いている ED-SCLC患者834人が、ニボルマブ+イピリムマブ併用群(n=279)、ニ ボルマブ240 mg隔週1回投与群(n=280)、プラセボ群(n=275)のいずれかにランダムに割り付けられた。併用群の

「迅速な効果を求める場合には化学療法が必要」

「迅速な効果を求める場合には化学療法が必要」 NSCLC治療に対する化学療法の相対的な重要性が変わりつつあるなか、新たな治療法という点で抗がん剤の効果をどのように高められるとお考えですか? 肺がん患者さんへの治療法は分子標的治療薬や免疫療法といった新薬の登場で、ここ数年の間に大きく改善しています。しかし、いずれのデータを見てもすべての患者さんに効果を現しているわけではないので、化学療法がまだ必要になるのです。仮に複数の治療ラインの薬剤に耐性を示すようになったときにドライバー変異が見つかり、全身への効果が求められると、化学療法が必要となることもあります。免疫療法を行う際、こういった患者さんの一部にはまったく効果がなかったり、すぐに効果が現れなかったりすることも目にしています。PD-L1の発現率が低い患者さんや、肺がんでつらい思いをしている、とりわけ重い症状のある患者さんには即効性が必要なので、化学療法に非常に助けられることがあります。 化学療法はいずれ、他の治療法に取って代わられるとお思いになりますか? そうは思いませんね。化学療法は放射線治療との併用でも必要になりますし、即効性

セカンドライン治療以降の血管新生阻害薬の併用療法に良好な 結果

セカンドライン治療以降の血管新生阻害薬の併用療法に良好な 結果 VARGADO試験:免疫療法実施後のニンテダニブ投与 実施中の非介入前向き研究であるVARGADO試験では、実臨床で進行肺がんにファーストライン治療の化学療法を受けた患者を対象に、血管新生阻害薬のニンテダニブとドセタキセルの併用療法を評価している。同試験はドイツ国内の約100施設で、3つの患者コホートを対象に行われている。コホートAにはファーストライン治療に化学療法を、セカンドライン治療にはニンテダニブ+ドセタキセルの併用療法を行った。コホートBにはファーストライン治療に化学療法を、セカンドライン治療に免疫チェックポイント阻害薬(ICI)投与を、サードライン治療にはニンテダニブ+ドセタキセルの併用療法を実施。コホートCにはファーストライン治療に化学療法とICI投与を、セカンドライン治療にニンテダニブ+ドセタキセルの併用療法をしている(図1)。 本会議ではGrohéらが、コホートBの患者22人の初期解析結果を発表した[1]。ICI投与後に進行肺がんが進行した患者にニンテダニブ+ドセタキセルの併用療法の臨床的有用性があ

EXPERT VIDEOS

All videointerviews from ELCC 2019

Prof. Garrido gives an overview of the management of patients with stage III NSCLC, novel treatments in stage III disease and recent insights concerning immune modulatory vaccination in patients with NSCLC.

Dr. Newsom-Davis on the treatment algorithm for ALK-positive NSCLC and future developments for patients with ALK/ROS1-positive tumors.

Prof. Peled talks about the importance of early detection of lung cancer – especially in poorer countries –, promising biomarkers for the early detection and new insights into the interactions between lung cancer cells and the tumor microenvironment.

Prof. Dingemans explains the importance of chemotherapy in the current management of NSCLC and promising new combinations of chemotherapeutic agents with other drug classes.

At this year’s conference, which took place in Geneva from 10th to 13th April, more than 120 speakers shared their knowledge with around 1,600 delegates from 75 countries. The comprehensive program that included a wide range of session types and the presentation of 210 abstracts aimed at conveying a broad view of the current knowledge ranging from screening and the very early disease to current and potential future treatment approaches for different types of thoracic tumors.

Pilar Garrido • MD • PhD, Head of the Thoracic Tumor Section, Medical Oncology Department, Hospital Universitario Ramón y Cajal, Madrid, Spain