Loading...
WCLC congresses2020-08-10T14:46:10+01:00

WCLC 2018 – Toronto

New data on PD-L1 inhibitor activity and determinants of outcomes in immunotherapy-treated patients

New data on PD-L1 inhibitor activity and determinants of outcomes in immunotherapy-treated patients Superior survival with durvalumab in the PACIFIC trial Traditionally, the standard-of-care treatment for patients with unresectable, stage III non–small-cell lung cancer (NSCLC) used to be platinum-based chemoradiotherapy. However, outcomes have been poor, which provided the rationale for the phase III PACIFIC trial.

Emerging standards in tumours with rare genetic drivers

Emerging standards in tumours with rare genetic drivers First-line brigatinib: ALTA-1L In the setting of ALK-positive NSCLC, the first-generation ALK inhibitor crizotinib is currently being replaced as the first-line standard by next-generation agents. The open-label, randomised, multicentre, phase III ALTA-1L trial investigated the ALK/ROS1 inhibitor brigatinib in untreated patients.

Anti-EGFR treatment: real-world experience and clinical trial insights

Anti-EGFR treatment: real-world experience and clinical trial insights Factors determining treatment selection As the treatment landscape for EGFR-mutant stage IIIB/IV NSCLC has significantly changed over the past years, Hirsh et al. assessed current attitudes among physicians towards decision making for EGFR tyrosine kinase inhibitor (TKI) sequencing [1].

Substantial reduction in lung cancer mortality using volume CT screening: the NELSON trial

Substantial reduction in lung cancer mortality using volume CT screening: the NELSON trial Substantial reduction in lung cancer mortality using volume CT screening: the NELSON trial Years ago, the large National Lung Screening Trial that was published in 2011 demonstrated a 20 % relative reduction in lung cancer mortality due to annual screening over 3 years with low-dose CT compared to chest radiography [1].

Multiple approaches for the treatment and prevention of CNS metastases

Multiple approaches for the treatment and prevention of CNS metastases Activity of afatinib and osimertinib in the EGFR-mutant setting More than 40 % of NSCLC patients develop CNS metastasis in their lifetime [1, 2]. As the burden of brain lesions affects both quality of life and survival, the development of therapies that are able to penetrate the blood-brain barrier is an important focus of research.

序言

序言 Vera Hirsh, MD 加拿大蒙特利尔麦吉尔大学医疗中心肿瘤科 亲爱的同事们, 随着我们努力改善治疗结果,肺癌治疗的需求正在发生变化。除了研究药物的最优用药顺序以通过最佳方式延长生存期外,我们还需要学会控制毒性,并且必须找到策略,将治疗成本限制在医疗保健系统能够长期负担的范围内。2018年9月23日至26日,第19届世界肺癌大会在加拿大多伦多召开,会议上介绍的试验数据显示出巨大进步,例如将atezolizumab作为广泛期小细胞肺癌患者化疗之外的添加药物对延长生存期的影响。这是20多年来在此条件下相对于当前一线标准治疗显示出有临床意义生存期改善的首项研究。 Durvalumab在无法切除的III期非小细胞肺癌中也获得了独特的生存期获益。ALK阳性疾病患者显示出获益于一线给药条件下的下一代CNS活性ALK抑制剂布加替尼(brigatinib)。 各种癌基因驱动突变代表了有效药物的靶标;综合来看,这使得我们目前能够治疗相当比例的晚期疾病患者。最后,在由于缺乏有力证据而颇受争议的肺癌筛查方面,报告了令人兴奋的新数据。体积CT筛查使得肺癌死亡率在男性和女性中均有显著降低。

PD-L1抑制剂活性和免疫治疗患者结果的决定因素相关新数据

PD-L1抑制剂活性和免疫治疗患者结果的决定因素相关新数据 PACIFIC试验中Durvalumab带来生存期提高 传统上,患有无法切除的III期非小细胞肺癌(NSCLC)患者的标准治疗往往是铂类放化疗。然而结果很差,这为III期PACIFIC试验提供了理由。PACIFIC在根治性铂类并行放化疗后保持无进展的患者中研究每2周(Q2W)抗PD-L1抗体durvalumab 10 mg/kg达12个月(n = 476)与安慰剂(n = 237)。在招募患者时不考虑其PD-L1状态。第一次计划中期分析时显示durvalumab在无进展生存期(PFS)方面的优效性,带来11.2个月的PFS改善[1]。 在2018年WCLC大会上,Antonia等人报告了第二个主要终点总生存期(OS)以及PFS和其他次要终点的更新结果[2]。对于OS来说,与安慰剂相比,durvalumab在意向治疗(ITT)人群中显示出具有统计显著性和临床意义的改善。实验组尚未达到中位OS,而安慰剂组为28.7个月(HR,0.68; p = 0.00251;图1)。在24个月时, 66.3%与55.6%的患者存活。与第

具有罕见遗传驱动肿瘤的新兴标准

具有罕见遗传驱动肿瘤的新兴标准 一线布加替尼:ALTA-1L 在ALK阳性NSCLC的条件下,新一代药物正在取代第一代ALK抑制剂克唑替尼(crizotinib)成为一线标准。开放标签随机化多中心III期ALTA-1L试验在未经治疗的患者中研究了ALK/ROS1抑制剂布加替尼。布加替尼具有尤佳的CNS活性,实验组给予90mg的7天导入和随后180 mg的日剂量(n = 137),而参与对照组的患者接受每日两次250mg克唑替尼(n = 138)。使用多种ALK诊断测试确定ALK为阳性,这反映了真实条件。每组中大约30%的患者在基线时具有无症状的脑转移。允许某一线的先前化疗。总体而言,27%的患者在局部晚期或转移条件下已经接受过化疗。 在2018年WCLC大会上,Camidge等人介绍了ALTA-1L试验的第一个预先计划的中期分析[1]。在9至11个月的随访后,研究已经达到主要终点。根据盲独立审查委员会的审查,布加替尼在PFS方面优于克唑替尼(未达到与9.8个月;HR,0.49;p = 0.0007;图1)。在12个月时,67%与43%的患者无进展。布加替尼治疗在具有先前化疗 (

抗EGFR治疗:实际经验与临床试验见解

抗EGFR治疗:实际经验与临床试验见解 决定治疗选择的因素 随着EGFR突变IIIB/IV期NSCLC的治疗前景在过去几年发生了显著变化,Hirsh等人评估了医生对EGFR酪氨酸激酶抑制剂(TKI)用药顺序决策的当前态度[1]。在2018年4月至5月,研究人员对310名医疗保健专业人士进行了代表性的在线调查,其中包括来自美国、德国、日本和中国的肿瘤学家、肺病学家、胸外科医师和呼吸内科专家。 不论治疗线,医生在开TKI处方时最重要的治疗目标包括增加OS,随后是改善生活质量。美国、德国和日本较为强调具有临床意义的OS,而提供具有临床意义的PFS、OS和改善与健康相关的生活质量对于中国医生似乎同等重要(表1)。一线条件下治疗结果的可预测性是影响治疗选择的另一个重要因素。就TKI的用药顺序而言,55%的参与者强烈倾向于为患者提供靶向治疗时间最大化的治疗顺序。 所有国家的医师都表达了,在改变他们当前的治疗实践之前,他们强烈需要潜在耐药性突变相关信息。36%的医疗保健专业人士一致认为他们缺少在以何种顺序使用EGFR靶向NSCLC治疗方面做出明智决策所需的全部数据。 阿法替尼(afatin

访谈:新药即使在I期试验中也能产生惊人缓解

访谈:新药即使在I期试验中也能产生惊人缓解 龙浩锋,MD,中国香港中文大学临床肿瘤学系临床助理教授,I期临床试验中心医学副主任 基于目前正在进行的I期临床试验,您认为哪种新方法在晚期肺癌中最有前景? 目前,正在I期试验中测试针对许多癌症类型的大量研发,不仅限于肺癌。我认为在过去,我们非常不确定I期药物的机制是否适用于特定癌症。然而,在今天,由于许多药物属于靶向治疗,因此我们在临床前条件下对于哪些特定靶标可能有用已经有了相当不错的了解。特别是在肺癌领域,许多新型分子靶向药物已经展现出前景;例如,这种情况就适用于具有RET改变的非常小范围的肿瘤亚组。此次会议上公布了本领域的成果,包括RET抑制剂LOXO-292的I期试验,试验结果由Geoffrey Oxnard进一步更新,并显示出非常显著的缓解[1]。两三年前,我们在I期临床试验中并未见到如此显著的缓解。 与其他癌症研究领域相比,肺癌研究有哪些特别之处? 肺癌研究的特别之处分为几个方面。一方面是患者人群。就患者数量而言,肺癌是一个非常庞大的癌症类型,并且肺癌本身包括各种肿瘤。虽然一些是分子驱动型的,治疗方法需要着眼于这些靶标,然

使用体积CT筛查显著降低肺癌死亡率:NELSON试验

使用体积CT筛查显著降低肺癌死亡率:NELSON试验 多年前,于2011年公开的大型全国肺部筛查试验证明,与胸部X线摄影相比,超过3年的每年低剂量CT筛查使肺癌死亡率相对降低20%[1]。然而,迄今为止没有其他随机化对照试验显示出任何死亡率获益。 在荷兰和比利时,随机化对照NELSON试验在通过基于人群的登记招募的高风险个体中比较了CT筛查与无筛查[2]。在606,409名年龄50-74岁的男性和女性中,根据问卷调查发现30,959名符合条件。他们的吸烟史为> 10支烟/天> 30年,或> 15支/天> 25年。此外,在过去10年内戒烟也是一项入选标准。最终,15,792人进入筛查组(n = 7,900)或对照组(n = 7,892)。其中超过80%是男性, 中位年龄略低于60岁,吸烟大约40包/年。略超过一半当前仍然吸烟。使用结节体积和结节体积加倍时间进行测量。在第1年、第2年、第4年和第6.5年时进行筛查。前几年接受度很高,后来有所下降。 在所有4轮期间,不确定的测试结果为 9.3%。研究显示,进行进一步研究的转诊率低至2.3%。最终,阳性结果率为2

患者视角:评估生活质量和肺癌病耻感

患者视角:评估生活质量和肺癌病耻感 疾病负荷 虽然生活质量(QoL)评估受到患者的高度重视并构成癌症治疗评估的必要组成部分,但这些评估在日常生活和临床试验条件下得到的关注通常过少[1]。 Richard J. Gralla,MD,美国纽约布朗克斯阿尔伯特•爱因斯坦医学院医学系,强调说:“QoL评估可以提供其他方式无法获得的独特信息”。 根据1998年在154名肿瘤学家中进行的一项调查,87%认为QoL数据和患者报告结果(PRO)对晚期癌症患者很重要[2]。然而,这些医师中少于50%在基线时始终或经常正式获得此类数据,少于45%在跟踪或监测患者时使用此类数据。Gralla博士强调:“完全没有迹象表明我们现在做得更好”。另外,经常采用诸如代表症状的实验室发现等替代标志物代替对实际患者QoL或症状的评估。另一种可能的替代标志物是衍生终点,诸如至恶化的时间。 从本质上讲,QoL和PRO的评估旨在量化个体患者的疾病负荷。Gralla博士指出:“我们并未充分评估疾病负荷及其对预后的影响,或治疗对这种负荷的影响”。影像学、临床实验室测试和分子测试无法代替直接的患者输入。同样,ECOG表现状态

治疗和预防CNS转移的多种方法

治疗和预防CNS转移的多种方法 阿法替尼和奥希替尼在EGFR突变条件下的活性 超过40 %的NSCLC患者在其一生中发生CNS转移[1,2]。由于脑损伤的负荷既影响生活质量又影响生存,因此开发能够渗透血脑屏障的疗法是研究的重点。 在EGFR TKI中,第二代药物阿法替尼和第三代药物奥希替尼在EGFR突变NSCLC患者中显示出独特的CNS活性。通过对在类似于现实临床实践的条件下在EGFR TKI初治亚洲患者中进行的大型开放标签单组IIIb期研究的分析提供了有关阿法替尼在这方面的其他证 据[3]。在479名患者中,92名具有CNS病灶。与不具有脑转移的患者相比,具有脑转移的患者的PFS在数值上较短(10.9与12.4个月),但两组之间至有症状进展的中位时间没有差异(14.8对15.4个月)。根据先前的观察,对总队列的分析证明,使用耐受性指导的剂量调整降低了常见AE的发生率,同时阿法替尼的治疗功效得以维持。 Kang等人报道了奥希替尼在具有脑部病灶的患者中的活性的数据,这些患者包含在开放标签单组实际治疗ASTRIS试验的韩国子集中[4]。ASTRIS在先前EGFR TKI治疗后的T7

巻頭言

巻頭言 Vera Hirsh, MD カナダ・モントリオール マギル大学ヘルスセンター 腫瘍内科 臨床医の皆様へ 転帰を改善しようと私たちが努力を重ねるうちに、肺がん治療への要求も変化してきている。できる限り良い形で延命させるための抗がん剤使用を探る以外に、毒性をどうコントロールするかを学び、医療保険制度に負担がかからないよう長期的に医療費を抑える方策を見つけなければならない。2018年9月23日から26日までカナダ・トロントで行われた第19回世界肺癌学会議で発表された臨床試験データからは、進行期の小細胞肺がん患者への化学療法にアテゾリズマブを追加した場合の生存期間の延長といった、一歩大きく前進する知見が報告された。 進行期の小細胞肺がん患者への現行の標準的ファーストライン治療で、20年以上ぶりに生存率の改善に臨床的意義が見られた初の臨床試験である。 切除が不可能なⅢ期の非小細胞肺がんの症例にデュルバルマブを投与した場合でも、生存率や生存期間に大幅な改善が見られた。ALK融合遺伝子陽性肺がん患者に、次世代のCNS活性型ALK阻害薬ブリガチニブをファーストライン投与した際、その

免疫療法を受ける患者の転帰への抗PD-L1抗体薬の活性および決定因子に関する新データ

免疫療法を受ける患者の転帰への抗PD-L1抗体薬の活性および決定因子に関する新データ PACIFIC試験ではデュルバルマブ群の生存率が優位に 切除が不可能なⅢ期の非小細胞肺がん(NSCLC)患者への標準治療には、従来からプラチナ製剤ベースの化学療法が行われてきた。しかし、転帰不良となり、PACIFIC試験の第Ⅲ相試験でその根拠があきらかになる結果となった。PACIFIC試験では、プラチナ製剤ベースの根治的化学放射線療法を受け、無増悪の状態が持続している患者を対象に、抗PD-L1抗体薬であるデュルバルマブ10 mg/kgを隔週(Q2W)で最長12か月間投与する群(n=476)と、プラセボを投与する群(n=237)に分けて比較検討した。  なお、同試験ではPD-L1発現の有無を問わず参加者を募っている。デュルバルマブ群の無増悪生存期間(PFS)の優位性は、最初の中間解析時に示され、PFSが11.2か月に改善していた[1]。 2018年度世界肺癌学会議では、Antoniaらが副次評価項目である全生存期間(OS)の他に、PFSとそれ以外の副次評価項目について報告している[2]。OSに関

まれなドライバー遺伝子変異のある腫瘍への新しい標準治療

まれなドライバー遺伝子変異のある腫瘍への新しい標準治療 ファーストライン治療のブリガチニブ:ALTA-1L試験 ALK陽性NSCLCの治療におけるファーストラインの標準治療が、第一世代のALK阻害薬クリゾチニブから次世代のALK阻害薬に変わりつつある。多施設共同非盲検ランダム化試験、ALTA-1L試験の第Ⅲ相試験で、未治療患者へのALK(ROS1)阻害薬のブリガチニブ使用について評価した。中枢神経系の転移に優れた作用があるブリガチニブを、この群に割り付けられた患者(n=137)には180 mgを1日1回投与し(導入期の最初の7日間は90 mgを投与)、対照のクリゾチニブ群に割り付けられた患者(n=138)にはクリゾチニブ250 mgを1日2回投与した。ALK融合遺伝子の判定には、実臨床で行われているように複数のALK融合遺伝子検査を行った。各群の患者のおよそ30%には、ベースライン時に無症候性脳転移が見られた。どの治療ラインかを問わず、これまでに化学療法を受けていても組み入れることにした。局所進行性がんもしくは転移性がんのある患者の27%が、これまでに化学療法を受けていた。 

抗EGFR抗体薬:実臨床での使用経験と治験で得た感想

抗EGFR抗体薬:実臨床での使用経験と治験で得た感想 治療の選択肢を決めるのはそれぞれの因子 ⅢB期・Ⅳ期のEGFR遺伝子変異NSCLCへの治療法がここ数年の間に大きく変わってきていることから、 Hirshらは、医師が治療法を決定する際に、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)を使用する順序を現在どうしているか評価した[1]。2018年4月から5月にかけて、米国、ドイツ、日本、中国に在住する腫瘍内科医、呼吸器専門医、胸部外科医、呼吸器内科専門医を含めた医療従事者310人を対象にインターネット調査を行 った。  治療ラインにかかわらず、医師がTKIを処方する際に最も期待することはOSの延長で、次いで生活の質の改善だった。臨床的意義のあるOSの延長が米国、ドイツ、日本の医師の間で目立ったが、臨床的意義のあるPFSとOSの延長そして健康関連の生活の質の改善もこれらと同様に重要だという傾向が中国の医師の回答に現れていた(表1)。ファーストライン治療の転帰を予想できることも、治療法の選択にとって重要な因子だった。TKIの投与順序に関しては回答者の55%が、分子標的治療薬で生存期間を最大

インタビュー:第I相試験であっても新薬には劇的な効果が見られる

第I相試験であっても新薬には劇的な効果が見られる Herbert Ho Fung Loong, MD中国、香港中文大学、一期臨床研究中心、臨床腫瘍科次長、臨床准教授 現時点で進行中の第I相試験の中で、進行肺がんのどの新薬が最も有望なのだろう?  肺がんだけでなく様々ながんの新規治療薬として、現在多くの候補が第I相試験で評価されている。第I相試験で評価されている薬剤の作用機序が、あるがんに作用するのかどうかを、これまであまりにも理解しようとしなかったのではないだろうか。しかし、最近登場する多くの薬剤は分子標的薬なので、どの薬剤が有用なのか、すでに前臨床の段階で判断がつく。とりわけ肺がんの場合、新規の分子標的薬の多くに期待が持てそうだ。たとえばこのことは、RET融合遺伝子陽性がんの非常に少数のサブグループにも当てはまる。この分野の治験成績が今回の会議で報告されており、Geoffrey Oxnard医師がRET特異的阻害薬のLOXO-292を評価する第I相試験の最新データを発表しているが、劇的な治療反応性が見られている[1]。2、3年前までは、第I相試験でここまで優れた治療反応性が

肺がん検診にボリュームCTを用いることで肺がんの死亡率が大幅に低下:NELSON試験

肺がん検診にボリュームCTを用いることで肺がんの死亡率が大幅に低下:NELSON試験 2011年に発表のあった全米肺がん検診試験(NLST)からは、3年にわたり低線量CTを用いた検診を毎年行った結果、胸部X腺検査による検診に比べて肺がんの死亡率が相対的に20%低下したことが、数年前に示された[1]。ただし、今に至るまで、これ以外のランダム化対照試験で死亡率への有用性は示されていない。  オランダとベルギーでは、地域住民ベースで募集した発症リスクの高い人を対象に、ボリュームCTを用いた肺がん検診と肺がん検診を行わないことを、ランダム化対照試験であるNELSON試験で比較した[2]。 50〜74歳の男女606,409人のうち30,959人が、質問票への回答結果にもとづいて同試験の対象となった。参加者の喫煙歴は30年超で1日に11本以上、もしくは25年超で1日に16本以上だった。過去10年間の禁煙も組み入れ基準に入っている。最終的に、15,792人が検診群または対照群のどちらかに割り付けられた(n=7,892)。参加者の80%超は男性で、年齢の中央値は60歳をわずかに切っており、喫煙

患者の見解:生活の質の評価と肺がんに関わるスティグマ

患者の見解:生活の質の評価と肺がんに関わるスティグマ 肺がんによる負担 生活の質(QoL)評価は患者に大変重要視されていて、肺がん治療の評価に欠かせない要素ではあるが、日常の医療現場と治験のどちらでも、なおざりにされている[1]。「QoLの評価からはユニークというか他にはない情報を得ることができます」と、米国・ニューヨーク、アルバートアインシュタイン医科大学内科のRichard J. Gralla医師は語る。  1998年に腫瘍内科医154人に行ったアンケート調査からは、QoLに関するデータと患者報告アウトカム(PRO)は進行がん患者にとって大事だと思う、という回答が得られている[2]。しかし、ベースライン時にこれらのデータを必ず収集するまたは正式に高い頻度で収集すると回答したのはこのうちの50%弱で、45%弱の医師は患者のフォローアップか経過観察に用いると回答している。「今のやり方でいいという確証はまったくありません」とGralla医師は言う。また、患者の実際のQoLあるいは症状を評価する代わりに、症状を表す臨床検査所見のようなサロゲートマーカーに頼っている。悪化あるいは死

CNS転移巣への多様な治療法および予防法

CNS転移巣への多様な治療法および予防法 EGFR変異陽性肺がんへのアファチニブおよびオシメルチニブの臨床活性 NSCLC患者の40%超に、生存中のCNSへの転移が見られている。[1、2]。脳に転移した場合、生活の質と生存期間の両面に悪影響を及ぼすことから、血液脳関門を通過できる治療薬の開発が研究の重要な焦点になっている。  EGFR TKIの中でもとりわけ第二世代の阻害薬アファチニブと第三世代の阻害薬オシメルチニブが、EGFR変異陽性肺がん患者のCNSに臨床活性を発揮している。EGFR TKIを投与されたことのないアジア人患者を対象に実臨床と同様な条件で行った、第Ⅲb相大規模非盲検単群試験の解析結果から、アファチニブのこの活性を示すエビデンスがさらに得られている[3]。患者479人のうち92人にCNS病変を認めた。脳転移巣のない患者群に比べ脳転移巣のある患者群のPFSは数字上短くなったが(脳転移巣あり10.9か月、脳転移巣なし12.4か月)、症状増悪までの期間の中央値は両患者群の間に差異は見られなかった(脳転移巣あり14.8か月、脳転移巣なし15.4か月)。これまでの観察結果

EXPERT VIDEOS

All videointerviews from WCLC 2018

Herbert Loong on peculiarities of lung cancer research with a focus on phase I studies.

James Ho talks about novel diagnostic approaches, monitoring of lung cancer patients as well as the potential for the use of antioxidants in lung cancer.

Maximilian Hochmair on the future of combinations of immunotherapies with other drugs as well as his recommendations for treatment sequencing in ALK-positive and EGFR-positive lung cancer.

Vera Hirsh discusses the latest clinical achievements using <em>EGFR</em>-targeted therapy in patients with advanced NSCLC and the role of patient quality of life.

This is the first study in more than 20 years to show a clinically meaningful survival improvement over the current first-line standard of care in this setting. A singular survival benefit has also been obtained with durvalumab in unresectable, stage III non–small-cell lung cancer.

Vera Hirsh • MD, Department of Oncology, McGill University Health Center, Montreal, Canada

WCLC 2017 – Yokohama

Preface – WCLC 2017

Preface – WCLC 2017 Fred R. Hirsch, MD, PhD Dear Colleagues, Throughout the last decades, the treatment of non–small-cell lung cancer has undergone enormous advancements that make keeping up with the latest developments a challenge for physicians.

What is new in surgery? Redefining current options

What is new in surgery? Redefining current options In 2005, the International Association for the Study of Lung Cancer (IASLC) Staging Committee proposed the definition of complete resection of lung cancer, which included the criteria of uncertain resection [1]. Uncertain resection was defined by the criteria detailed in the Table.

EGFR TKI therapy in specific populations and settings

EGFR TKI therapy in specific populations and settings The first-generation EGFR TKIs erlotinib and gefitinib as well as the second-generation EGFR TKI afatinib have become the standard first-line treatment options for advanced EGFR-mutation–positive NSCLC. All three drugs improved PFS and objective response rate (ORR) compared to chemotherapy in phase III studies [1-4].

“We are making steady progress toward better lung cancer control”

“We are making steady progress toward better lung cancer control” The motto of this year’s WCLC is “Synergy to Conquer Lung Cancer”. What types of synergy would be required to provide optimal care for lung cancer patients? In a way, synergy is another expression for the multidisciplinary team approach, but the term ,multidisciplinary’ is not necessarily restricted to medical doctors. It also includes nursing staff and others such as the supportive care team, including the rehabilitati

Taking anti-EGFR drug treatment further: later lines

Taking anti-EGFR drug treatment further: later lines Osimertinib after prior EGFR TKI therapy Acquired resistance usually follows first-line EGFR TKI therapy, with the gatekeeper T790M mutation being the most common mechanism. The third-generation irreversible EGFR TKI osimertinib has been licensed for the treatment of patients whose tumours have been shown to carry this mutation.

Immunotherapy: novel biomarkers on the horizon & news from pivotal trials

Immunotherapy: novel biomarkers on the horizon & news from pivotal trials Is tumour mutation burden relevant in SCLC? Only limited treatment options are available for patients with recurrent small-cell lung cancer (SCLC). The CheckMate 032 trial evaluated the anti-PD-1 antibody nivolumab with or without the anti-CTLA-4 antibody ipilimumab in a PD-L1–unselected cohort of SCLC patients who had received at least one prior platinum-based chemotherapy regimen.

Approaching squamous-cell carcinoma in a targeted manner

Approaching squamous-cell carcinoma in a targeted manner Possible benefit from afatinib The EGFR mutation status is not routinely examined in NSCLC patients with squamous cell cancer (SCC) histology due to the low incidence of EGFR mutations in these tumours and poor clinical response to first-generation EGFR TKI treatment.

Malignant mesothelioma: recent data on nintedanib and checkpoint inhibitors

Malignant mesothelioma: recent data on nintedanib and checkpoint inhibitors Malignant pleural mesothelioma (MPM) is an aggressive tumour that, if left untreated, shows a median survival of 7–9 months [1]. The front-line standard treatment for patients with unresectable MPM consists of combination doublet therapy with cisplatin and pemetrexed, which yields a median OS of approximately 1 year.

Chemotherapy: new approaches, new settings

Chemotherapy: new approaches, new settings SCAT: customising adjuvant chemotherapy using BRCA1 Current guidelines recommend postoperative platinum-based chemotherapy in completely resected NSCLC with nodal involvement (stage II-IIIA) [1]. However, survival outcomes remain limited, and compliance is lower than for adjuvant therapy in other neoplasms.

Survival is the result of lung cancer screening

Survival is the result of lung cancer screening During Lung Cancer Awareness Month (LCAM) in November, memo inOncology spoke with Dr. Fred Hirsch, who is CEO of the International Association for the Study of Lung Cancer (IASLC) and professor at the University of Colorado School of Medicine in Denver, USA.

序言

序言 Fred R. Hirsch, 医学博士 国际肺癌研究协会CEO 美国科罗拉多州丹佛科罗拉多大学医学院教授 亲爱的同事们, 纵观过去数十年,非小细胞肺癌的治疗已经取得了巨大进步,从而使及时跟进最新发展成为医生所面临的挑战。为了持续向参与肺癌治疗的医疗专业人员提供指导,国际肺癌研究协会(IASLC)目前每年召开一次世界肺癌大会(WCLC)。该大会有来自100多个国家的代表出席,已成为肺癌和胸部恶性肿瘤领域的首要国际论坛。 10月15日至18日,第18届WCLC在日本横滨召开。在本次会议上,举行了2000多次口头演讲、小型口头演讲以及海报摘要演讲,400多位知名发言人、分会主席和摘要讨论者与观众分享了他们的见解。在某种意义上,大会选址可能反映了这样一个事实,即大量成功改善患者结果的新近肺癌研究在亚洲国家开展。在亚洲进行的临床试验不仅对诸如EGFR或ALK酪氨酸激酶抑制剂等靶向疗法以及免疫疗法的开发做出了重大贡献,并且还极大地促进了细胞毒性药物的使用。尤其是在肺癌领域,东亚在过去几年内已发展成为癌症研究的重要据点。 WCLC 2017期《memo inOncology》涵盖了

外科手术有哪些新方法?重新定义当前选择

外科手术有哪些新方法?重新定义当前选择 2005年,国际肺癌研究协会(IASLC)分期委员会提出了肺癌完全切除的定义,其包括不确定切除的标准[1]。不确定切除根据下表中详细列出的标准进行定义。该定义包括代表IASLC分期和预后因素委员会,Edwards等人代表IASLC分期和预后因素委员会,使用从第8版数据库获得的接受NSCLC手术的14,712名患者的数据,对切缘状态进行了回顾性分析[2]。可获得这些患者的完全切除状态和生存期数据。排除了新辅助治疗病例。如果以下任何情况适用,则将病例重新分配为R (不确定) [R(un)]: + 检查出少于3个N1或N2结节 + 未进行肺叶特异性系统淋巴结清除 + N2结节囊外侵袭 + 最高位淋巴结区阳性(无法获取最高位结节状态) + 支气管切缘处原位癌(目前R1[i.s.]) + 胸腔冲洗液细胞学检查为阳性(目前R1 [cy+]) 高质量手术分期的重要性 根据常规切除状态获得的生存期曲线表明R0与R1之间存在显著差异,但R1与R2之间无显著差异。重新分配后,55.8 %的病例(n = 8,203)变成R(un)病例。对于R(un)类别分配

特定人群和治疗条件下的EGFR TKI疗法

特定人群和治疗条件下的EGFR TKI疗法 第一代EGFR TKI厄洛替尼(erlotinib)和吉非替尼(gefitinib)以及第二代EGFR TKI阿法替尼(afatinib)已成为晚期EGFR突变阳性NSCLC的标准一线治疗选择。在III期研究中,所有三种药物与化疗相比均改善了PFS和客观缓解率(ORR)[1-4]。在III期LUX-Lung 3和6研究中,阿法替尼相比化疗在具有19缺失的患者中诱导了OS延长[5]。在II期LUXLung 7试验中,与吉非替尼相比,阿法替尼改善了PFS、ORR和至治疗失败时间 [6]。 LUX-Lung试验的事后分析 根据LUXLung 3和6试验的分析,阿法替尼的耐受性指导剂量调整是减少治疗相关AE而不影响疗效的有效措施[7]。其减小了阿法替尼暴露的患者间差异,并降低了AE的发生率和严重程度,而在具有和没有剂量减少的患者之间疗效结果相似。有效的血浆水平得以维持,并且患者报告结果(PRO)未发生具有临床意义的改变。 Schuler等人在LUX-Lung 3、6和7研究中对阿法替尼长期缓解者(LTR)进行了事后分析[8]。在这三项试验中,

“我们正朝着更好地控制肺癌稳步迈进”

“我们正朝着更好地控制肺癌稳步迈进” Keunchil Park, 医学博士 韩国首尔成均馆大学医学院三星医疗中心创新癌症医学研究所血液/肿瘤科 今年WCLC的口号是“携手征服肺癌”。那么需要何种类型的协作才能为肺癌患者提供最佳治疗? 在某种意义上,协作是多学科团队合作的另一种表述,但多学科这一术语并不一定局限于医生。它还包括护理人员和其他人员,诸如包括康复团队和患者权利倡导者在内的维持治疗队伍。同时,这一概念的本质为在整体治疗计划中,以患者为中心。团队成员合作,为患者提供最优异、最先进的治疗。 从临床角度来看,您目前见证了哪些肺癌研究领域取得了最相关的进展? 特别是在肺癌领域,治疗模式在过去的15年间发生了巨大变化。直到2000年新世纪的开端,晚期肺癌患者的标准疗法一直是铂类化疗,这一疗法的疗效十分有限,从而导致中位生存期在10个月内。中位生存期甚至从未达到一年。然而,随着分子靶向药物,尤其是EGFR TKI的引入,晚期NSCLC的管理已经完全改变,至少在具有致癌基因驱动肿瘤的患者中已经改变。截至2017年,报告估计采用正确靶向药物治疗的EGFR突变患者具有3年或更长时间的

进一步采取抗EGFR药物治疗:多线

进一步采取抗EGFR药物治疗:多线 先前EGFR TKI疗法后的奥希替尼(osimertinib)治疗 获得性耐药通常伴随着一线EGFR TKI疗法,而门控T790M突变是最常见的机制。第三代不可逆EGFR TKI 奥希替尼已被许可用于治疗已证实其肿瘤携带这种突变的患者。Tan等人提供的回顾性数据显示出多线奥希替尼在52名患者中的活性,这52名患者在新加坡参与了早期使用项目 [1]。在先前EGFR TKI治疗期间发生进展后,从第二治疗线至第九治疗线(中位数,三线)给予奥希替尼。53 %的患者在治疗开始时具有脑转移。 独立评估的ORR为46%,中位缓解持续时间为8.7个月。完全缓解(CR)和部分缓解(PR)分别达到7.7 %和38.5 %。疾病稳定发生率为40.4 %。中位PFS为10.3个月;OS数据在分析时尚不成熟。奥希替尼显示出超过二线治疗的疗效,并且与是否存在CNS转移无关。 CNS控制相关数据 已知奥希替尼具有CNS活性,这已经由WCLC上介绍的分析所证实。Zhu等人在10名有症状性脑部病灶的患者中评估了第一代TKI疗法后奥希替尼80 mg的疗效[2]。2名患者在CNS

免疫疗法:初露端倪的新型生物标志物与来自关键试验的消息

免疫疗法:初露端倪的新型生物标志物与来自关键试验的消息 SCLC中肿瘤突变负荷是否相关? 复发性小细胞肺癌(SCLC)患者仅具有有限的治疗选择。CheckMate 032试验在接受过至少一种先前铂类化疗方案的SCLC患者的PD-L1未选择队列中评估了伴或不伴抗CTLA-4抗体易普利姆玛(ipilimumab)的抗PD-1抗体纳武单抗(nivolumab)。在该条件下,单独采用纳武单抗和联合治疗均显示出令人印象深刻的活性:2年OS率分别为26%和14%[1]。无论PD-L1状态如何,均会产生应答。 由于SCLC患者中PD-L1表达并不常见,因此在这种肿瘤类型的免疫治疗中需要改进的生物标志物。对前线纳武单抗与化疗进行比较的随机化III期CheckMate 026试验发现肿瘤突变负荷(TMB)是使用纳武单抗的预测性生物标志物[2]。因此,Antonia等人对CheckMate 032试验数据进行了探索性TMB分析,目的在于评估这种观察是否适用于SCLC[3]。 TMB可评估组纳入了211名患者,其中133名和78名患者分别接受单药纳武单抗和纳武单抗加易普利姆玛。TMB由全外显子组测序

以靶向方式治疗鳞状细胞癌

以靶向方式治疗鳞状细胞癌 阿法替尼的潜在获益 在具有鳞状细胞癌(SCC)组织学亚型的NSCLC患者中不对EGFR突变状态进行常规检查,这是由于EGFR突变在这些肿瘤患者中的发生率较低并且对第一代EGFR TKI治疗的临床应答较差。 Taniguchi等人回顾性分析了441名连续就诊的患者,其中对23名患者评估了EGFR突变状态,以探究具有敏感性EGFR突变的SCC的临床特征,并选择阿法替尼治疗的最佳适应症[1]。 5名患者检测出敏感性EGFR突变(外显子19缺失和L858R突变)阳性。这5名患者均为女性且从未吸烟。其中四名患者肺功能正常,并且只有一名患者有基础肺气肿/纤维化。四名患者接受TKI治疗;分别向其中两名患者给予吉非替尼和阿法替尼。虽然吉非替尼未引起任何临床缓解,但阿法替尼治疗的患者反应良好,达到部分缓解。在分析时,阿法替尼治疗的患者仍存活,而吉非替尼治疗的患者已经死亡。作者在结论中指出,SCC患者可获益于阿法替尼治疗。使用基线特征的患者选择可能有助于鉴定出对阿法替尼更加敏感的人群。 ErbB突变状态计数 对参加LUX-Lung 8试验的患者进行遗传分析,目的在于根据突

恶性间皮瘤:尼达尼布(nintedanib)和检查点抑制剂的相关近期数据

恶性间皮瘤:尼达尼布(nintedanib)和检查点抑制剂的相关近期数据 恶性胸膜间皮瘤(MPM)是一种侵袭性肿瘤,如果不进行治疗,则中位生存期为7-9个月[1]。不可切除MPM患者的前线标准治疗包括使用顺铂(cisplatin)和培美曲塞的联合双重疗法,该疗法产生约1年的中位OS。 LUME-Meso试验的生物标志物分析 在随机化双盲安慰剂对照的II/III期LUME-Meso试验中,已经在MPM患者中成功测试了血管激酶抑制剂尼达尼布。在研究的II期部分中,87名不可切除上皮样或双相MPM的化疗初治患者接受尼达尼布加培美曲塞/顺铂或安慰剂加化疗。在本研究中,在化疗基础上添加使用尼达尼布使PFS出现具有临床意义的改善(9.4与5.7个月;HR,0.54;p = 0.010),且OS有改善的趋势(18.3与14.2个月;HR,0.77;p = 0.319)[2]。疗效在具有上皮样组织学亚型的患者中最为显著。 Nowak等人在上皮样人群中进行了探索性生物标志物分析,包括58种血管生成因子的血浆水平、间皮素基因中的SNP、VEGFR1和VEGFR3以及微血管密度[3]。对OS和PFS

化疗:新方法、新治疗条件

化疗:新方法、新治疗条件 SCAT:使用BRCA1定制辅助化疗 现有指南推荐,在有淋巴结受累的完全切除NSCLC患者(II-IIIA期)中进行术后铂类化疗[1]。然而,生存结果仍然有限,且依从性低于其他肿瘤的辅助疗法。不同化疗方案之间并无直接比较。 对参与DNA修复的基因表达进行的分析可用于使最佳化疗药物和时间表的选择个体化[2]。其中,BRCA1基因具有重要意义,因为其在同源重组途径中起作用,并作为对顺铂和抗微管药物产生应答的差异调节剂。BRCA1基因具有预后和预测相关性;低水平表明低风险和顺铂敏感性,而高水平表明高风险和顺铂耐药性,这意味着患者对紫杉烷类化疗敏感。 随机化SCAT试验测试BRCA1指导的治疗方法,该试验包括切除NSCLC R0 pN1/pN2的患者[3]。对照组接受多西他赛加顺铂,而随机分配到试验组的患者根据BRCA1表达水平进行治疗。低BRCA1表达的患者接受吉西他滨(gemcitabine)/顺铂,中等水平的患者接受顺铂/多西他赛,而高水平的患者接受单独多西他赛。每21天给药四个周期。术后8周内开始化疗。符合方案治疗人群包含对照组102名患者和试验组35

肺癌筛查对生存的积极意义

肺癌筛查对生存的积极意义 在11月的肺癌宣传月(LCAM)期间,《memo inOncology》杂志相关负责人与国际肺癌研究协会(IASLC)CEO以及美国丹佛科罗拉多大学医学院教授Fred Hirsch博士进行了对话。肺癌宣传月联盟(LCAMC)是由20多个全球性非营利组织构成的团体,由IASLC领导,致力于改善胸部癌症患者的结局。 为什么肺癌筛查只能在一小部分符合资格的高危个体中实施? 美国预防服务工作组建议使用低剂量CT扫描对年龄在55岁至80岁之间,有30包/年吸烟史且正在吸烟或在过去15年内戒烟的患者进行肺癌筛查。医疗补助和医疗服务中心(CMS)同样支持这些指南。此项建议的基础是随机化全国肺部筛查试验(NLST)研究,该研究对低剂量CT筛查与常规胸部X射线筛查进行了比较,结果显示与X射线扫描相比,CT扫描的肺癌死亡率降低了20 %。 但是,这些筛查指南在美国的实施非常缓慢。原因可能是多方面的;一个主要原因是公众和医护人员缺乏对该指南的了解。另一个原因可能是CT扫描会出现较高的假阳性率(大多数CT检测到的结节并非恶性,而一些个体必须进行进一步的诊断检查才能发现其结节是

序文

序文 Fred R. Hirsch, MD, PhD IASLC の CEO 米国コロラド州デンバー コロラド大学薬科大学院教授 親愛なる皆さん、 この10年間を通じて非小細胞肺癌の治療は、最新の開発についていくことが医師にとっての課題になるような、きわめて大きな進歩を遂げてきました。肺癌治療に関わる医療従事者に継続的な教育を施す目的で、International Association for the Study of Lung Cancer (国際肺癌学会、IASLC)のWorld Conference on Lung Cancer(世界肺癌学会議、 WCLC)が現在、年1回開催されています。100ヶ国以上からの代表者が参加することで、本会議は肺癌および胸部悪性腫瘍の分野でトップの国際的なフォーラムになりました。 10月15日~18日に、第18回WCLCが日本の横浜で開催されました。プログラムには2,000件以上の口演、口演付きポスター発表、およびポスター抄録発表が組み込まれ、400名以上の著名な講演者、セッション議長、および抄録討論者がその知識を聴衆と共有しました。ある

手術の最新情報 現在のオプションの再定義

手術の最新情報 現在のオプションの再定義 2005年、国際肺癌学会(IASLC)病期判定委員会は肺癌の完全切除の定義を提案し、これには不確実な切除の基準が含まれていた[1]。不確実な切除は、表に詳述した基準で定義された。IASLC病期判定および予後因子委員会を代表して、EdwardsらはNSCLC手術を受けた第8版データベースから得られた14,712例の患者のデータを用いて切除断端状況のレトロスペクティブ分析を行った[2]。これらの患者に関して完全切除状況と生存期間データが利用できた。ネオアジュバント療法症例は除外された。以下のうちのいずれかに当てはまる場合、症例はR(不確実)[R(un)]に再割り当てされた: + 検査されたN1またはN2リンパ節転移が3ヵ所未満 + 選択的リンパ節郭清に満たない + N2リンパ節転移の被膜外浸潤 + 最上部リンパ節ステーション陽性 (最上部リンパ節の状況は不明) + 気管支切除断端の上皮内癌(現在、R1 [i. s.]) + 胸腔内洗浄細胞診陽性(現在、R1 [cy+]) 質の高い外科的病期判定の重要性 従来の切除状況に準じた生存期間曲線は

特定の集団と条件でのEGFR TKI治療

特定の集団と条件でのEGFR TKI治療 第1世代EGFR TKIのエルロチニブとゲフィチニブのほか、第2世代EGFR TKIのアファチニブも、進行EGFR変異陽性NSCLCに対する標準一次治療オプションになった。第III相臨床試験において、3つの薬剤すべてが化学療法と比較してPFSと客観的奏効率(ORR)を改善した[1-4]。アファチニブは、エクソン19欠失患者を対象とした第III相LUX-Lung 3/6試験において化学療法と比較してOSを延長させた[5]。第II相LUX-Lung 7臨床試験では、ゲフィチニブと比較してアファチニブはPFS、ORR、治療不成功までの時間を改善した。[6] LUX-Lung臨床試験の事後解析 LUX-Lung 3/6臨床試験によると、アファチニブの忍容性を指標にした用量調節は、治療効果に影響を及ぼさずに治療関連AEを減らす効果的な手段である[7]。この方法は、アファチニブ曝露の患者間の変動を抑え、AEの発生率と重症度を低減させたが、有効性の転帰は減量の有無にかかわらず同等であった。有効血漿中濃度は維持され、患者報告アウトカム(PRO)の変化は

「肺癌のより良い管理に向けて着実に進歩しています」

「肺癌のより良い管理に向けて着実に進歩しています」 Keunchil Park, MD, PhD 韓国ソウル、成均館大学校、サムスン医療センター、革新的癌医学研究所、血液/腫瘍内科 今年のWCLCのモットーは「肺癌を制圧する相乗効果」です。肺癌患者に最適な治療を行うために、どのような種類の相乗効果が必要とされるのでしょうか? ある意味では、相乗効果は集学的チームアプローチの別の言い方ですが、この用語「集学的」は必ずしも医師に限定するものではありません。看護スタッフおよび、リハビリテーションチームや患者擁護者を含む支援医療チームも含みます。同時に、そのコンセプトの要点は医療計画全体の中心に患者を置くことです。チームメンバーは、最善な最先端医療を患者に提供するように協力します。 臨床的観点から、肺癌研究のどの領域で最も重要な進歩が現在見られますか? 特に肺癌の領域で、過去15年にわたって治療パラダイムが劇的に変化しています。2000年のミレニアムの始まりまで、進行肺癌患者の標準治療はプラチナベース化学療法でした。この療法の遊泳規制はきわめて限られており、生存期間の中央値は10ヵ月

抗EGFR薬治療のさらなる使用:1次治療以降の治療

抗EGFR薬治療のさらなる使用:1次治療以降の治療 事前のEGFR TKI治療後のオシメルチニブ 一般に獲得抵抗性は一次EGFR TKI療法の続に生じ、その最も一般的な機序はゲートキーパーT790M変異である。第3世代の不可逆性EGFR TKIであるオシメルチニブが、この変異を保有する腫瘍がある患者の治療に認可されている。シンガポールでの早期アクセスプログラムに参加した患者52例における一次治療以降の治療で用いる治療薬オシメルチニブの活性が、Tanらによるレトロスペクティブデータで示された[1]。2次治療から9次治療までの(中央値、3次治療)事前のEGFR TKI治療中の進行後、オシメルチニブが投与された。患者の53%には、治療開始時に脳転移があった。 独立して評価したORRは46%であ、奏効期間中央値は8.7ヶ月であった。完全奏効(CR)率と部分奏効(PR)率はそれぞれ7.7%、38.5%であった。疾患安定は40.4%で生じた。PFS中央値は10.3ヶ月であった。OSデータは分析時に十分ではなかった。オシメルチニブは2次治療を超える有効性を示すほか、CNS転移の存在にかかわら

免疫療法:兆しが見えた新規バイオマーカーとピボタル床試験からのニュース

免疫療法:兆しが見えた新規バイオマーカーとピボタル床試験からのニュース 腫瘍変異負荷はSCLCに関係するか? 再発小細胞肺癌(SCLC)の患者については、使用できる治療選択肢が限られている。CheckMate 032試験では、1回以上のプラチナベースの化学療法レジメンによる治療を事前に受けたSCLC患者のPD-L1非選別コホートで抗CTLA-4抗体イピリムマブとの併用または併用なしで抗PD-1抗体ニボルマブを評価した。ニボルマブ単剤と併用の両方がこの条件で次のような優れた活性を示した:2年OS率はそれぞれ26 %と14 %であった[1]。PD-L1状況に関わらず、奏効を示した。 SCLCではPD-L1発現が稀であるため、この腫瘍タイプでの免疫療法には改良されたバイオマーカーが必要である。一次治療としてのニボルマブを化学療法と比較した無作為化第III相CheckMate 026試験において、ニボルマブの使用に関する予測バイオマーカーとして腫瘍変異負荷(TMB)を特定し た[2]。そのため、この所見がSCLCに当てはまるかを評価する目的でAntoniaらはCheckMate 032

標的治療による扁平上皮細胞癌のアプローチ

標的治療による扁平上皮細胞癌のアプローチ アファチニブで予想される有益性 EGFR変異状況は、扁平上皮癌(SCC)組織構造を持つNSCLC患者においては日常的な検査の対象ではない。。これは、このような腫瘍ではEGFR変異の発現率が低く、第1世代EGFR TKI治療に対する臨床的反応が芳しくないためである。Taniguchiらは、感受性EGFR変異のあるSCCの臨床的特徴を探るため、またアファチニブ治療の最適な適応を選択するために、連続症例441例をレトロスペクティブに見直し、そのうち23例についてEGFR変異状況を評価した[1]。 患者5例が、感受性を増加させるEGFR変異(エクソン19欠失とL858R変異)に関する検査で陽性を示した。その全員が女性で、喫煙歴はなかった。4例は通常の肺機能を有し、1例にのみが基礎疾患としてる肺気腫/線維症が見られた。患者4例はTKI治療を受け、ゲフィチニブとアファチニブが各2例の患者に投与された。ゲフィチニブはいかなる臨床的反応ももたらさなかったが、アファチニブ治療患者は良好な反応を示し、部分寛解に達した。解析時にゲフィチニブ治療患者は死亡して

悪性中皮腫:ニンテダニブとチェックポイント阻害薬に関する最新データ

悪性中皮腫:ニンテダニブとチェックポイント阻害薬に関する最新データ 悪性胸膜中皮腫(MPM)は、未治療のままだと生存期間中央値が7~9ヵ月となる浸潤性腫瘍である[1]。切除不能MPM患者の最先端の標準治療はシスプラチンとペメトレキセドのる組み合わせ併用療法で構成され、OS中央値が約1年となる。 LUME-Meso臨床試験のバイオマーカー分析 アンジオキナーゼ阻害剤ニンテダニブは、無作為化二重盲検プラセボ対照第II/III相LUME-Meso臨床試験においてMPM患者良好な成績を示した。。試験の第II相部分では、化学療法を受けていない切除不能類上皮または二相性MPM患者87例がニンテダニブとペメトレキセド/シスプラチンの併用またはプラセボと化学療法の併用による治療を受けた。ここで、化学療法にニンテダニブを加えることによってPFSが臨床的に意義がある改善を示し(9.4ヶ月対5.7ヶ月;HR、0.54;p=0.010)、OSについ ては改善の傾向が見られた(18.3ヶ月対14.2ヶ月;HR、0.77;p=0.319) [2]。治療の有効性は、類上皮組織構造のある患者において最も顕著で

化学療法:新しいアプローチ、新しいセッティング

化学療法:新しいアプローチ、新しいセッティング SCAT: BRCA1を用いた補助化学療法のカスタマイズ 最新ガイドラインでは、完全切除したリンパ節転移(ステージII~IIIA)NSCLC患者に対し術後プラチナベース化学療法が推奨されている[1]。しかし、生存期間の転帰は依然として限定されており、治療遵守は他の腫瘍での補助療法よりも低い。さまざまな化学療法レジメンの間での直接的な比較は行われていない。 最適な化学療法薬とスケジュールの選択を個別化するために、DNA修復に関与した遺伝子発現の分析を使用することができた[2]。ここで、BRCA1遺伝子は相同的組み換え経路で役割を果たすため重要であり、シスプラチンや抗微小管薬に対する反応の差次的調整因子として機能する。この因子は予後と予測に関連し、、低濃度は低リスクとシスプラチン感受性を意味し、高濃度は高リスクとシスプラチン抵抗性を示すことから、、このような患者にタキサンベースの化学療法に対して感受性であることが示唆される。 無作為化SCAT臨床試験でBRCA1を指標にした治療アプローチを試験した。この試験には切除を受けたNSCLC

「生存期間は肺癌スクリーニングの結果です」

「生存期間は肺癌スクリーニングの結果です」 11月の肺癌啓発月間(LCAM)中、メモ-イン・オンコロジーは、国際肺癌学会(IASLC)のCEOで、米国コロラド州、コロラド大学薬科大学院教授のFred Hirsch医師のお話しを伺いました。肺癌啓発月間連合(LCAMC)は、IASLCが率いる、胸部癌患者の転帰改善に焦点を合わせた20以上の世界的非営利団体から成るグループです。 肺癌スクリーニングが、適格と思われる高リスク患者の一部だけに実施されている理由は何でしょう? 米国予防サービスタスクフォースは、低線量CTスキャンを用いて、30箱・年の喫煙歴があり、現在喫煙しているか、過去15年以内に禁煙した55~80歳の患者をスクリーニングすることを勧めています。これらのガイドラインはメディケア・メディケイド・サービス・センター(CMS)の支援も受けています。その推奨の根拠は、無作為化全国肺スクリーニング試験(NLST)研究でした。この研究では、低線量CTスクリーニングを従来型胸部X線スクリーニングの比較が行われし、CTスキャンではX線スキャンと比較して肺癌死亡率が20%低下ました。 し

EXPERT VIDEOS

All videointerviews from WCLC 2017

IASLC 18th WCLC 2017, Yokohama
Prof. David Gandara discusses the latest progress in EGFR, ALK, and checkpoint inhibitor therapies for NSCLC.

IASLC 18th WCLC 2017, Yokohama
Prof. Keunchil Park discusses how lung cancer treatments have developed since the advent of chemotherapy, and how best to deliver optimal care to lung cancer patients worldwide, and specifically in South Korea and Japan.

IASLC 18th WCLC 2017, Yokohama
Prof. Ramaswamy Govindan discusses the importance of chemotherapy in today’s treatment landscape, and the importance of ethnic genomic differences in mutation rates in lung cancer.

IASLC 18th WCLC 2017, Yokohama
Prof. Paul A. Bunn discusses current and future treatment options in lung cancer.

Clinical trials conducted in Asia have contributed considerably to the development of targeted therapies, such as EGFR or ALK tyrosine kinase inhibitors, and immunotherapies, but also to the implementation of cytotoxic drugs. Particularly in lung cancer, Eastern Asia has evolved into a stronghold of cancer research over the previous years.

Fred R. Hirsch • MD • PhD, Dep. of Pneumology, Hopitaux Universitaires de Strasbourg

WCLC 2016 – Vienna

Preface – WCLC 2016

Preface – WCLC 2016 David P. Carbone, MD, Phd From 4th to 7th December, 2016, the IASLC 17th World Conference on Lung Cancer (WCLC) took place in Vienna, Austria, attracting more than 6,500 participants from 93 countries.

Notable advances in the field of anti-EGFR therapy

Notable advances in the field of anti-EGFR therapy The irreversible ErbB family blocker afatinib and the reversible EGFR TKIs gefitinib and erlotinib have been approved as first-line therapies for treatment of NSCLC patients with EGFR-sensitising mutations. However, resistance frequently develops, which indicates the need for new agents.

Emerging treatments in ALK-positive NSCLC: new options, but also new challenges

Emerging treatments in ALK-positive NSCLC: new options, but also new challenges Treatment with the ALK tyrosine kinase inhibitor (TKI) crizotinib has been established as a standard first-line option in patients with ALK-rearranged advanced NSCLC. Before the advent of crizotinib, a platinum–pemetrexed doublet followed by pemetrexed maintenance was standard of care in non-squamous NSCLC.

Liquid biopsy in the context of EGFR and other mutations

Liquid biopsy in the context of EGFR and other mutations Compared to tissue biopsy and re-biopsy, liquid biopsy offers several advantages, including minimal-invasiveness, the opportunity for serial measurements over time to monitor tumour response, and detection of resistance mutations in the plasma prior to radiographic detection [1].

Immunotherapy: novel anti-PD-L1 antibodies & various combination regimens

Immunotherapy: novel anti-PD-L1 antibodies & various combination regimens OAK subgroup analyses As compared to anti-PD-1 antibodies, the advantage of antibodies directed against PD-L1 is that they can inhibit PD-1/ PD-L1 interactions while leaving the PD-1/ PD-L2 pathway intact, thus potentially preserving peripheral immune homoeostasis.

Practice-changing refinements of lung cancer staging

Practice-changing refinements of lung cancer staging The 8th edition of the TNM classification has recently come into effect. Compared to the 7th edition published in 2009 [1], several important adjustments have been made to lung cancer staging with the aim of improving prognostication and research [2].

Inhibition of HER2 driver mutations can confer benefits

Inhibition of HER2 driver mutations can confer benefits Amplification or overexpression of HER2 (ErbB2) has been identified in NSCLC, and somatic HER2 mutations occur in approximately 2 % to 4 % of patients [1, 2]. Response to chemotherapy is poor in the setting of HER2-mutant advanced NSCLC [3].

Prefacio

Prefacio David P. Carbone, MD, Phd Estimados colegas: Del 4 al 7 de diciembre de 2016 se celebró la 17ª Conferencia mundial sobre cáncer de pulmón (WCLC) de la Asociación Internacional para el Estudio del Cáncer de Pulmón (IASLC) en Viena, Austria, a la que acudieron más de 6500 participantes de 93 países.

Destacados avances en el campo del tratamiento anti-EGFR

Destacados avances en el campo del tratamiento anti-EGFR El afatinib, un bloqueante irreversible de la familia ErbB, así como el gefitinib y el erlotinib, inhibidores de la tirosina cinasa (ITC) del EGFR reversibles, han sido autorizados como tratamiento de primera línea para pacientes con cáncer de pulmón no microcítico (CPNM) avanzado con mutaciones sensibilizadoras de EGFR.

Biopsia líquida en el contexto de mutaciones en EGFR y de otro tipo

Biopsia líquida en el contexto de mutaciones en EGFR y de otro tipo En comparación con la biopsia tisular y la biopsia repetida, la biopsia líquida ofrece varias ventajas, como mínima invasividad, oportunidad de realizar determinaciones seriadas a lo largo del tiempo para vigilar la respuesta tumoral y detección de mutaciones de resistencia en el plasma antes de la detección radiológica [1].

Inmunoterapia: nuevos anticuerpos anti-PD-L1 y diversas pautas de combinación

Inmunoterapia: nuevos anticuerpos anti-PD-L1 y diversas pautas de combinación Análisis de subgrupos del estudio OAK En comparación con los anticuerpos anti-PD-1, la ventaja de los anticuerpos dirigidos contra PD-L1 radica en que pueden inhibir las interacciones PD-1/PD-L1 dejando intacta la vía de PD-1/PD-L2, con lo que se conserva potencialmente la homeostasis inmunitaria periférica.

¿Quién es candidato a la inmunoterapia?

¿Quién es candidato a la inmunoterapia? Johan Vansteenkiste, MD, PhD Unidad de Oncología Respiratoria/Neumología, Hospital Universitario KU Lovaina, Bélgica ¿Qué marcadores existen para definir a los pacientes que son adecuados para recibir inmunoterapia? Al analizar la inmunoterapia para el CPNM, deberíamos tener presente que aproximadamente el 20% de los pacientes tratados presenta una respuesta. Los biomarcadores podrían resultar útiles para dirigir el tratamiento a los pacientes

Mejoras en la estadificación del cáncer de pulmón que pueden modificar la práctica clínica

Mejoras en la estadificación del cáncer de pulmón que pueden modificar la práctica clínica La octava edición de la clasificación TNM ha entrado en vigor recientemente. En comparación con la séptima edición publicada en 2009 [1], se han hecho varias modificaciones importantes de la estadificación del cáncer de pulmón con el fin de mejorar la pronosticación y la investigación [2].

序言

序言 David P. Carbone, MD, Phd 亲爱的同事们,  2016 年 12 月 4 日至 7 日,IASLC 第十七届世界肺癌大会(WCLC)在奥地利维也纳举行,吸引了来自 93 个国家的 6500  多名与会者。本期 《memo inOncology》大会报告总结了 IASLC WCLC 2016 上提出的科学见解,内容涵盖与肺癌诊断和治疗相关的一系列主题。 国际肺癌研究协会(IASLC)的使命是在世界范围内攻克胸部癌症。我们试图通过推动研究和教育,以及通过与其它基金会、患者组织和卫生当局合作,来实现这一目标。在全球社群宣教和促进下一代研究和护理人员就业方面,我们也在投入大量努力。为了资助我们的研究和教育任务,IASLC 已设立基金会,目前资助的经费和奖学金超过以往任何时候。例如 IASLC 肺癌分期项目和当前的分子分期项目等一些项目有可能 会对日常实践产生改变。与其它关注医学肿瘤学或胸外科学的组织不同 我们自设立之初便立足多学科协同, 关注对抗胸部癌症的各个战场,包括控烟、预防、早期检测以及患者支持、护理和治疗的所有方面。 IASLC 的国际性与肺癌领

抗 EGFR 治疗领域显著进展

抗 EGFR 治疗领域显著进展 不可逆 ErbB  家族阻断剂阿法替尼 (afatinib)以及可逆 EGFR TKI 吉非替尼( gefitinib )和埃洛替 尼 (erlotinib)已获批准作为一线疗法, 用于治疗具有 EGFR 敏化突变的非小细胞肺癌 (NSCLC)患者。然而,耐药性频发表明需要新的药物。EGFR T790M 突变已被确定为最常见的耐药突变。 第三代口服不可逆 EGFR TKI 奥斯替尼( o s im e r t in ib )在敏化及EGFR T790M 耐药突变中均具有活性 。该治疗在 AURA3  中进行了评估。AURA3 是首个在一线 EGFR TKI 疗法发生进展的 T 7 9 0 M 阳性晚期NSCLC 患者中比较 T790M 选择性EGFR  TKI  与铂基双药化疗的随机化 III 期试验[1]。在实验组中,每日一次 (OD)每次 80 mg 施用奥斯替尼(n = 279),而对照组中的患者则接受培美曲塞( p em et r ex ed )加卡铂 (carboplatin)或顺铂(cisplatin), 然后可选使用培美曲塞进行维持

ALK 阳性NSCLC 的新兴治疗:全新选择与挑战并存

ALK 阳性NSCLC 的新兴治疗:全新选择与挑战并存 使用 ALK 酪氨酸激酶抑制剂(TKI) 克唑替尼(crizotinib)的治疗已被确立为具有 ALK 重排晚期 NSCLC 患者的标准一线选择。在克唑替尼出现前,先用铂-培美曲塞双药治疗,随后采用培美曲塞维持是非鳞状 NSCLC 的护理标准。然而,在对克唑替尼产生初始反应后,由于多种机制而总是会出现获得性耐药,这些机制中可能包括 ALK 酪氨酸激酶结构域中的继发突变。 目前已有一系列新一代 ALK 抑制剂可供使用或正在开发中。这些抑制剂包括色瑞替尼(ceritinib)、艾乐替尼 ( alectinib   ) 、  brigatinib   、ensartinib、entrectinib 和 lorlatinib。所有这些抑制剂都增强了 ALK 抑制效力和对抗赋予克唑替尼耐药性突变的活性。此外,许多抑制剂显示出优于克唑替尼的改善的 CNS 渗透性。 一线色瑞替尼:ASCEND-4 在单组 I 期和 II 期 ASCEND 试验 (ASCEND-1–3)和随机化 III 期研究 (ASCEND-5)中,色瑞替尼在患有 A

EGFR 突变及其它突变背景下的液体活检

EGFR 突变及其它突变背景下的液体活检 与组织活检和重新活检相比,液体活检具有多个优势,包括最小侵入性, 随时间推移进行连续测量以监测肿瘤反应的机会,以及在影像学检测前检测血浆中的耐药突变[1]。治疗失败的重要因素——肿瘤异质性问题也得到考虑。驱动突变可以得到高灵敏、高特异地鉴定,从而改善个性化药物的递送。虽然标准化、不同技术验证以及与组织分子分布结果一致性等有争议问题仍然存在,但液体活检已经成为管理晚期 NSCLC 患者的一种替代工具。 血浆和组织之间的高一致率 在 WCLC 上提出的将液体活检确认为新兴标准的几个分析中,其中一个由M a c k 等人提 出,他 们 评估了Guardant360  组的群体规模基因组学 (与癌症基因组图谱相比)、临床准确度和临床效用[2]。Guardant360 检测允许基于循环 肿瘤 D N A (ctDNA)针对 73 种基因中的关键外 显子进行数字测序。该队列包括 8,388 名 III/ IV 期腺癌(n = 4,142)或NSCLC-NOS(n = 4,246)患者,共采集了 9,202 个样品。在初始诊断和 ctDNA 收集之间

免疫疗法:新型抗 PD-L1 抗体与各种组合方案

免疫疗法:新型抗 PD-L1 抗体与各种组合方案 OAK 亚组分析 与抗 PD-1 抗体相比,针对 PD-L1 的抗体的优点在于它们在不影响 PD- 1/PD-L2  通路的同时可以抑制 PD-1/PD-L1 相互作用,从而潜在地维持外周免疫平衡。OAK  是首个在晚期 NSCLC 中评估抗 PD-L1 药物的随机化 III 期试验。患有局部晚期或转移性 NSCLC 的患者接受每 3 周一次 1200 mg atezolizumab 或多西他赛治疗。在试验之前,他们已接受过一线或两线化疗,包括至少一种铂基方案治疗。人群招募与 PD-L1 状态无关,并根据PD-L1 表达进行了分层。OAK 具有两个主要终点:ITT 人群中的 OS 和在≥ 1 %的肿瘤细胞或浸润免疫细胞上具有PD-L1 表达患者中的 OS。不允许转 换,这与对 OS 数据的解读有关。 2016 年 ESMO 大会上介绍了初步分析。这里,OAK 达到了这两个主要终点[1]。在 ITT 人群中,与多西他赛相比,atezolizumab 治疗导致死亡率相对下降 27 %(中位 OS,13.8 个月与 9.6   个月;

哪类人群适合免疫疗法?

哪类人群适合免疫疗法? Johan Vansteenkiste, ,医学博士  比利时鲁汶大学校医院呼吸肿瘤科/肺病学 存在哪些定义适合免疫疗法病人的标志物? 当我们考虑对于 NSCLC 的免疫疗法时应该认识到,大约有 20%的经治疗患者出现反应。为了使治疗针对于更有可能获得反应的患者,生物标志物可能颇有价值。根据免疫组织化学, 在临床实践中确立的一种生物标志物 是肿瘤上的 PD-L1 表达。目前,存在不同的方法来评估 PD-L1 表达,但它们看起来在慢慢合并;因此,或许我们终将基于免疫组织化学而拥有一种相当可靠的读出方法。PD-L1 不像我们用于开出靶向药物处方的分子畸变那样是绝对标志物,而是所谓的富集标志物。这意味着 PD-L1 表达越高, 患者对免疫治疗产生反应的可能性越大。患者可能为 PD-L1 阴性并仍有反应,但这只是很少数的情况。因此, PD-L1 表达有助于选择患者接受这类昂贵的治疗,并且在或许存在其他优选的可用治疗选择时,有助于选择患者进行免疫治疗(图)。 图:根据 PD-L1 表达,对免疫疗法产生反应的可能性,以及优选的治疗方法 在哪些条件下应当避免采用

采用尼达尼布(nintedanib)抗血管生成:在间皮瘤中的活性和潜在生物标志物

采用尼达尼布(nintedanib)抗血管生成:在间皮瘤中的活性和潜在生物标志物 LUME-Meso 恶性胸膜间皮瘤通常具有不良的患者预后, 因为其往往在确诊时已属晚期。唯一获批的治疗方案由培美曲塞和顺铂的组合构成,其产生约为 1 年的中位 OS [1]。随机化、双盲、安慰剂对照、II 期 LUME-Meso 试验测试了口服多激酶抑制剂尼达尼布用于间皮瘤的治疗。尼达尼布以 VEGF1-3、FGFR1-3 和 PDGFRα/β 以 及 Src 和 Abl 激酶介导的促血管生成通路为靶标; 这些都参与间皮瘤的发病机理 [2,3]。与同类其他药物相比,尼达尼布能够安全地与常用化疗结合使用。尼达尼布已在间皮瘤体外和体内模型中展现出功效[4]。 LUME-Meso 试验在未接受过既往化疗的不可切除性恶性胸膜间皮瘤患者中评价了向培美曲塞/顺铂标准化疗添加每日两次 200 mg 尼达尼布(n= 44)与安慰剂联合单独使用培美曲塞/顺铂(n = 43)的比较。没有发生疾病进展的患者维持使用尼达尼布 (实验组)或维持使用安慰剂(对照组)直到病情进展。将 PFS 定义为主要终点。该实验是探索性研究

改变实践的肺癌分期细分完善

改变实践的肺癌分期细分完善 第 8 版 TNM 分类已于近期开始实施。与 2009 年发布的第七版[1]相比, 对肺癌分期做出了几项重要调整,目的在于改善预测和研究[2]。来自西班牙巴塞罗那塔拉萨 Mútua Terrassa 大学医院胸外科的医学博士 Ramón Rami-Porta 认为,“研究对于可用各种治疗选择进行治疗的小型肿瘤而言尤为重要”[3]。新版本以大量患者为基础,为其稳健性提供了支持[4]。 小肿瘤的区分 有关 T 描述子的变化解释了肺部小肿瘤的多样性,这在临床上可使用现代计算机断层扫描技术加以识别。Rami-Porta 博士强调,“在 2011 年前还未获定义的肿瘤已经得到了命名”。例如,这适用于原位腺癌(Tis[AIS])和微浸润腺癌( T1mi )。以往, 术语 “Tis”仅表示鳞状细胞癌。“在此做出区分很重要,因为患者可能同时患有这两种疾病,”Rami-Porta 博士解释道。对应于新 T1a 类别的最小实体瘤具有 1 cm 的最大直径(表 1)。 新的分类将提高对小肿瘤的认识。此外,这些肿瘤可以用于研究新的治疗选择,诸如立体定向放疗、射频消融、微波

HER2 驱动突变抑制能够带来获

HER2 驱动突变抑制能够带来获 在 NSCLC   中已经 发现 HER2 (ErbB2)的扩增或超表达,并且在约2%-4%的患者中发生体细胞 HER2 突变[1,2]。HER2 突变晚期 NSCLC 条件下的化疗反应不佳[3]。类似地,单药pan-HER 抑制剂似乎仅产生有限的获益,且反应罕见而短暂[4,5]。 来那替尼(Neratinib)联合  替西罗莫司(temsirolimus) 这里,双通路抑制代表了潜在的治疗方法。根据临床前数据[4]和 I 期研究 [5],HER2/EGFR 抑制性 TKI 来那替尼和 mTOR 抑制剂替西罗莫司具有协同作用。因此,一项国际随机化 II 期试验在 60 名晚期或转移性 HER2 突变 NSCLC 患者中对添加和未添加 8 mg/ 周替西罗莫司的每日一次 40 mg 来那替尼进行了测试[6]。鉴于单药来那替尼之前没在肺癌中得到具体评估,每 组均独立评价。 这种对 HER2 和 PI3K 通路的同时抑制诱导了优于仅阻断 HER2 通路的一定活性。来那替尼联合替西罗莫司治疗带来 4.0 个月的中位 PFS(单药来那替尼为 2.9 个月

序文

序文 親愛なる皆さん、 2016年12月4日から7日にかけて、オーストリアのウイーンにてIASLC第17回世界肺癌学会議 (WCLC) が開催され、93カ国から6500名が参加しました。IASLC WCLC 2016で発表された科学者の洞察を、肺癌の診断および治療に関連するトピックをカバーするこのmemo inOncology学会報告に要約しています。 国際肺癌学会 (IASLC) のミッションは、世界中の胸部癌に打ち勝つことです。私たちは、研究と教育を促進し、他の財団、患者組織、および保健当局と協力して、この目標を達成しようとしています。世界中のコミュニティへの普及および教育、次世代の研究者および医療従事者のキャリア形成促進にも努力しています。研究および教育のミッションに資金を供給するため、IASLCは基金を創設し、かつてないほどに多くの助成金や奨学金を提供しています。IASLC Lung Cancer Staging Projectのようなプロジェクト、またMolecular Staging Projectにより、日々の治療法が変わる可能性があります。腫瘍内科学や胸部手術に

抗EGFR治療の分野での注目すべき進歩

抗EGFR治療の分野での注目すべき進歩 不可逆的ErbBファミリー阻害剤アファチニブならびに可逆的EGFR TKIのゲフィチニブおよびエルロチニブが、EGFR感作変異を有するNSCLC患者の治療のための第一選択治療として承認された。しかし、耐性が頻繁に発現した。これは新しい薬剤が必要なことを示している。EGFR T790M変異が最も一般的な耐性変異として特定された。 経口、不可逆的、第3世代のEGFR TKIオシメルチニブは、感作性およびEGFR T790M耐性変異の双方において活性である。このオシメルチニブ治療は、第一選択治療のEGFR TKI治療中のT790M陽性の進行性NSCLC患者を対象とし、T790M選択性EGFR TKIを白金系製剤併用化学療法と比較するために第一ランダム化第III相試験であるAURA3臨床試験で評価された[1]。オシメルチニブは、実験群(279名)に80 mgを1日1回(毎日)投与され、対照群には、ペメトレキセドの任意投与後に、ペメトレキセドとカルボプラチンまたはシスプラチンとが併用投与された(140名)。無症状で安定した中枢神経系 (CNS) 転

ALK陽性NSCLCにおける新たな治療法:新しい選択肢と新たな課題

ALK陽性NSCLCにおける新たな治療法:新しい選択肢と新たな課題 ALK融合遺伝子陽性NSCLC患者における標準的な第1選択肢として、ALKチロシンキナーゼ阻害薬 (TKI) クリゾチニブによる治療が確立されている。クリゾチニブの出現前は、プラチナ製剤+ぺメトレキセドの2剤併用、それに続くペメトレキセド維持療法が非扁平上皮NSCLCの標準療法であった。しかし、クリゾチニブに対する最初の応答後、ALKチロシンキナーゼドメインでの二次変異を含む可能性のある複数の機序のため常に耐性を獲得する。 さまざまな新世代ALK阻害剤が現在入手可能、または開発中である。セリチニブ、アレクチニブ、ブリガチニブ、エンゼルティニブ、エントレクチニブ、およびローラチニブがある。これらすべてにより、クリゾチニブに対する耐性を付与する変異に対してALK阻害効果と活性が増加する。また、これらの多くはクリゾチニブよりも良好なCNS浸透性を示す。 第1治療薬のセリチニブ:ASCEND-4 セリチニブは、単一群の第I相および第II相ASCEND試験 (ASCEND-1–3) ならびにランダム化第III相試験 (A

EGFRおよび他の変異における液体生検

EGFRおよび他の変異における液体生検 組織生検および再生検と比較して、液体生検では最少の侵襲性、腫瘍奏功をモニタリングするための経時的に連続測定が可能、X線検査に先立って血漿中の耐性変異の検出が可能という利点がある[1]。治療不全の重要な因子である腫瘍異質性の問題も考慮される。ドライバー遺伝子変異を高い感度と特異度で同定でき、それによりテーラーメイド医療の提供が改善される。標準化、新規技術の検証、組織分子プロファイルとの調和など議論の余地がある問題が残っているが、液体生検は進行したNSCLC患者の管理のための代替手段として位置づけられた。 血漿と組織の間の高い合致率 液体生検を新しい標準として検討するいくつかの解析の中の1つがWCLCで発表された。Mackらは、集団規模のゲノミクス、臨床的正確度、および臨床的有用性について、Guardant360パネルを評価した[2]。Gurdant360試験により、血中循環腫瘍DNA (ctDNA) にもとづく73の遺伝子中の重要なエクソンのデジタル配列決定が可能となる。コホートは、9202名をサンプリングし、ステージIII/IVの腺癌患者

免疫療法:新規抗PD-L1抗体およびさまざまな併用レジメン

免疫療法:新規抗PD-L1抗体およびさまざまな併用レジメン OAKサブグループ解析 抗PD-1抗体と比較した抗PD-L1抗体の利点は、PD-1/PD-L2経路をそのまま残しながら、PD-1/PD-L1相互作用を阻害でき、その結果として末梢免疫恒常性を維持できることである。OAK試験は、進行したNSCLCにおける抗PDL1剤を評価する、最初のランダム化第III相試験であった。局所進行性または転移性のNSCLC患者に、アテゾリズマブ1200 mgを3週間ごとに、またはドセタキセルを投与した。試験に先立ち、患者は少なくとも1つのプラチナ系レジメンを含む1または2レジメンの治療を受けていた。患者は、PD-L1の状態に関係なく登録され、PD-L1発現の有無によって層別化された。OAK試験の主要評価項目は2つである。ITT集団でのOS、および腫瘍細胞または腫瘍浸潤免疫細胞で1%以上のPD-L1を発現した患者のOSであった。OSデータの解釈に関連するクロスオーバーは許されなかった。 1次解析の結果は2016年欧州癌治療学会議 (ESMO) で発表された。この時点で、OAK試験での主要評価項目

インタビュー:「免疫療法の対象者は誰か?」

免疫療法の対象者は誰か Johan Vansteenkiste, MD, PhD, Respiratory Oncology Unit/Pulmonology, University Hospital KU Leuven, Belgium 免疫療法に適した患者を特定するために使用できるマーカーはどれですか NSCLCの免疫療法を検討するとき、我々は治療を受けた患者の20%が奏功することを認識する必要があります。奏功する可能性が高い患者の治療を方向付けするため、バイオマーカは有益でしょう。臨床現場で確立されているバイオマーカの1つは、免疫組織化学に基づいた腫瘍上でのPD-L1発現です。当面の間は、さまざまなPD-L1発現の評価方法がありますが、徐々に統合されていきそうです。そして、いずれは免疫組織科学に基づいた信頼性の高い評価が可能になるでしょう。PD-L1は、標的薬剤の処方に用いている分子的異常のような絶対的なマーカーではないですが、PD-L1は濃縮マーカーと呼ばれているものです。つまり、PD-L1発現レベルが高いほど、患者が免疫療法に応答するする可能性が高いことを意味します

ニンテダニブによる抗血管新生:中皮腫における活性、バイオマーカの候補

ニンテダニブによる抗血管新生:中皮腫における活性、バイオマーカの候補 LUME-Meso 悪性胸膜中皮腫は、一般に進行期に診断されることが多いため、患者の予後が不良である。唯一承認されているレジメンは、ペメトレキセドとシスプラチンの併用であり、約1年のOS中央値が得られる[1]。ランダム化、二重盲検、プラセボ対照、第II相LUME-Meso試験では、中皮腫治療のための経口マルチキナーゼ阻害剤ニンテダニブが評価された。ニンテダニブはVEGF1-3、 FGFR1-3、およびPDGFRα/β、ならびにキナーゼSrcおよびAblによって媒介される血管新生促進経路を標的とする。これらはすべて中皮腫の病因に関与していためである[2, 3]。同クラスの他の薬剤とは対照的に、ニンテダニブは一般的に使用される化学療法と安全に組み合わせることができる。ニンテダニブは、中皮腫のインビトロモデルおよびインビボモデルにおいて有効性が実証されている[4]。 LUME-Meso試験では、化学療法歴がある切除不能な悪性胸膜中皮腫患者を対象に、標準化学療法ペメトレキセド+シスプラチンにニンテダニブ200 mg

診療を変える肺癌ステージ分類の変更

診療を変える肺癌ステージ分類の変更 TNM分類が最近第8版に改定された。2009年に発刊された第7版[1]と比較して、予後と研究の改善を目的として、肺癌のステージ分類にいくつかの重要な調整がなされている[2]。スペイン、バルセロナのHospital Universitari Mútua Terrassa、胸部手術部のRamón Rami-Porta医師 (MD、PhD) は、次のように述べている[3]。「研究は、さまざまな治療選択肢で治療可能な小腫瘍において特に重要です」。新版は非常に多くの患者に基づいており、これによりロバスト性がサポートされている[4]。 小腫瘍の分化 T分類に関する変更は、肺の小腫瘍の多様性を原因としており、小腫瘍は最新のコンピュータ断層撮影技術を使用して、診療所で日常的に同定できる。「2011年までに定義されていなかった腫瘍に名前が付けられました」とRami-Porta医師は強調した。例えば、これは転移していない腺癌 (Tis [AIS]) および低浸潤性腺癌 (T1mi) に適用される。過去には、「Tis」という用語は扁平上皮癌のみを示していた。「患者

HER2ドライバー変異の阻害により効果がもたらされる

HER2ドライバー変異の阻害により効果がもたらされる HER2 (ErbB2) の増幅または過剰発現はNSCLCにおいて同定されており、体細胞HER2変異は約2%〜4%の患者で起こる[1, 2]。HER2変異型進行NSCLCの設定では、化学療法に対する反応は貧弱である[3]。同様に、Pan-HER阻害剤単剤では、限られた効果しか得られず、奏功期間の短縮を示すようである[4, 5]。 ネラチニブ+テムシロリムス ここで、二重経路阻害の治療アプローチの可能性を示す。前臨床データ[4]および第I相試験[5]によると、HER2 / EGFR阻害TKIのネラチニブおよびmTOR阻害剤のテムシロリムスは、相乗効果を有する。したがって、多国籍共同無作為化第II相試験では、進行性または転移性のHER2変異NSCLCを有する60名の患者を対象にして、ネラチニブ240 mg 1日1回投与およびテネシロリムス8 mg/週投与の併用とネラチニブ240 mg 1日1回投与とを比較した[6]。以前の試験ではネラチニブ単独で評価されなかったので、両群は独立して評価された。 HER2経路およびPI3K経路の双

EXPERT VIDEOS

All videointerviews from WCLC 2016

Martin Schuler on the current state-of-play for EGFR diagnostic technologies

Johan Vansteenkiste discusses the practical considerations for immunotherapy

Robert Pirker on the hot topics in lung cancer research on the agenda at the IASLC 2017 WCLC congress

Fiona Blackhall on the importance of molecular diagnosis on the diagnosis and follow up of lung cancer

James Chih-Hsin Yang talks TKIs

The international nature of the IASLC and the pace of progress in the field of lung cancer have prompted us to move annual world conferences, as well as annual regional meetings. We are hoping to make the IASLC WCLC the established platform for the interdisciplinary, international dissemination of the state of the art in lung cancer research.

David P. Carbone • MD • Phd, Dep. of Pneumology, Hopitaux Universitaires de Strasbourg